趣味の総合サイト ホビダス

ふたつの24時間レースを実況します!

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

今月はふたつの24時間レースで実況を担当します。

ひとつめは、先週末6月2~3日に、富士スピードウェイで開催された、富士24時間レースです。
ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦として行われたこのレースで、10時間程実況を担当しました。
J SPORTSの生中継と場内放送を同じ音声で行い、中継のない時間は場内放送とス-パー耐久TVなどのサイトでも同じ音声が使用されていたので、ご覧になった方も多いかもしれません。
国内で10年ぶり、富士では50年ぶりという24時間レースなので、お客さんが本当に楽しめるのか心配しましたが、蓋を開けてみれば、まるでニュル24時間のように盛り上がっていて、良かったです。
出場したドライバーやチーム関係者、プレスの皆さんからも、楽しかった! という声が圧倒的で、早くも来年が楽しみになっています。
ご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。
またこのレースで、私がパーソナリティを務めている、FM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYで、ずっと応援している埼玉トヨペットGREEN BRAVEのマークXが、強力なライバルを破り、ST-3クラス優勝を飾りました。
関係者の皆さん、おめでとうございます!
18060501.jpg


さて今週末6月8~9日には、F1カナダGPがジル・ビルヌーブ・サーキットで開催されます。
前戦モナコでリカルドが勝ち、ハミルトン、ベッテルと3人が、それぞれ2勝ずつで並ぶことになりました。
3勝目を最初に挙げて、シリーズの流れをつかむのは誰か?
それとも今季4人目の勝者が現れるのか?
注目の一戦です。
日本時間では未明から早朝にかけての時間帯ですが、ぜひご覧ください。
私はスポーツ・ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』で、FP2、予選、決勝の実況を担当する予定です。
18060502.jpg
写真協力:PIRELLI


そしてもうひとつの24時間レースは、6月16~17日にサルトサーキットで行われる、伝統のル・マン24時間レースです。
今季のWEC世界耐久選手権は、来年のル・マンまで続く足掛け2年の長いシーズンで、その第2戦が今年のル・マンです。
総合優勝争いは、LMP1ハイブリッドとして唯一参戦する2台のトヨタTS050と、プライベーターのノンハイブリッドLMP1マシンの戦いとなりそうで、後者では特にレベリオン・チームが強力と見られています。
決して楽勝というわけではなさそうですが、トヨタ悲願のル・マン初制覇は達成されるのか?
またTOYOTA GAZOO RACINGの一員としてフェルナンド・アロンソが初出場するのも注目ポイントです。
更に、LMP2、GTE Pro、GTE Am、各カテゴリーの戦いも非常に面白くなりそうです。
今年もJ SPORTSでは、スタート前からゴール後まで、25時間以上生中継を予定しており、私も実況を担当します。
富士の次はル・マン。
レース好きには寝不足の週末が続きますが、ぜひご覧ください。
18060503.jpg
写真協力:トヨタ


それ以外では、J SPORTSドイツ・ツーリングカー選手権DTMの中継が今月も予定されています。
今季ここまでは、メルセデスのG・パフェとBMWのT・グロックのおじさん2人が、熱いバトルを展開しつつ、選手権をリードしています。
一方でアウディ勢は元気がない状態でしたが、この辺りからの巻き返しに期待したいところ。
こちらもぜひお楽しみにしてください。
放送予定はこちらを参照してください。
18060504.jpg
写真協力:MERCEDES BENZ


なお私がパーソナリティを担当し、土曜日の午後7時5分から放送されているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYですが、今月は富士24時間を始め、モータースポーツの話題を中心にお送りします。
こちらもお付き合いください。

ということで、今月もどうぞよろしくお願いします。

今月は色々実況します!

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

今年のゴールデンウィークは、終盤の5月5日に、WEC世界耐久選手権2018-19スーパーシーズンの開幕戦、スパ6時間レースのJ SPORTSの生中継で前半の実況を担当しました。
来年のル・マンまでの長いシーズンの幕開けは、トヨタTS050とプライベーターが走らせるノンハイブリッドのLMP1マシンの対決に注目が集まりましたが、結果から言えばトヨタの圧勝でした。
とはいえ、次戦は早くもル・マン24時間(1回目の!)で、長丁場のレースでは何が起きるかわかりませんから、トヨタとて安心はできないはず。
また今季は、グラハム・ヒルしか達成していないトリプルクラウン(世界三大レース制覇)を狙うフェルナンド・アロンソがトヨタ8号車の一員となり、開幕戦のデビューウィンで弾みをつけて、ル・マンに臨みます。
これも大きな注目ポイントと言えるでしょう。
ル・マンの中継を最大限楽しむためには、開幕戦スパを見ておかれることを強くお勧めします。
生中継を見逃した方、再放送もダイジェスト放送もありますので、こちらを参照の上、ぜひご覧ください。
因みに解説は、由良拓也さん、福山英朗さん、高橋二朗さんで、最初のスタジオからの映像は、かなり「おじさん密度」が高いです(笑)。
18050901.jpg
写真協力:トヨタ

5日の深夜出番を終えてから千葉の木更津に向かい、翌6日は袖ケ浦フォレストレースウェイで、NAFネコ・オートモビル・フェスティバルの場内放送を担当しました。
ネコ・パブリッシングの、カーマガジン、ティーポ、デイトナの3誌が共同で開催するサーキットイベントでして、松田次生選手がサーキットタクシーのドライバーをしてくれたり、楽しいイベントでした。

さて今週ですが、11日金曜日と12日土曜日は、スポーツ・ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』で、F1第5戦スペインGPのFP2と予選の実況を担当します。
前戦の勝利でポイントリーダーに立ったメルセデスのルイス・ハミルトンと、ここ2戦勝てるレースを失った感のあるフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、ヨーロッパラウンドの初戦であるバルセロナでどんな戦いを見せるのか楽しみです。
また、第2戦バーレーンGPで大活躍したトロロッソ・ホンダは、その後苦戦を続けていますが、再び速さを見せられるかにも注目です。
18050902.jpg
写真協力:PIRELLI

ところで、なぜスペインGPの決勝は実況を担当しないかと言いますと、実は同じ日程でニュルブルクリンク24時間レースが開催されているからでして、こちらはJ SPORTSの生中継で実況を担当します。
私の担当は、日本時間の17時からゴール(同22時30分)までの予定です。
一昨年、昨年と、最終局面で波乱が起きて、大逆転というレースが続いていますが、はたして今年はどうなりますか?
また、今年はレクサスLCを投入するTOYOTA GAZOO RACINGと、昨年炎上リタイアと悔しい思いをしたスバルSTIチームの活躍にも注目です。
18050903.jpg
写真協力:トヨタ

また5月から、J SPORTSドイツ・ツーリングカー選手権DTMの中継が始まります。
今季はメルセデスにとっては最後のシーズンで、アウディ、BMWと3メーカーが競うのはひとまず最後になります。
更に、開幕戦こそ特別ゲストとして参戦しますが、現役最多勝のマティアス・エクストローム(アウディ)が引退し、F1から2015年王者のパスカル・ヴェアライン(メルセデス)が戻ってくるなど、今年はドライバーの入れ替わりがかなり多くあります。
それだけに混戦は必至。
面白いシーズンになりそうです。
解説はもちろん、今年も、巨笑こと佐藤正勝さんです。
因みに、開幕戦ホッケンハイムのレース2は、凄まじいデッドヒートですから、お見逃しなく!
放送予定はこちらを参照してください。
18050905.jpg
写真協力:AUDI

さて、5月27日の日曜日は、袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われる、FESTIVAL OF SIDEWAY TROPHYで場内放送を担当します。
今回も2&4輪のヒストリック車両がコース上で激戦を繰り広げることになりそうですが、実は初めて4輪の耐久レースも開催されるのだそうです。
「SEBRING 40M TROPHY」と名付けられたこのレース、ドライバー交代ありの40分耐久だそうでして、なんとあの横山剣さんと「黒い稲妻」桑島正美さんのペアもBMW2002で参戦されるとか。
例によって、当時風のコスプレ(?)が奨励されていますので、お洒落をして観戦にいらしてください。

なお私がパーソナリティを担当し、土曜日の午後7時5分から放送されているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYは、今月もあちこち出かけて収録していますので、こちらもお付き合いください。

そうそう、6月2~3日に、富士スピードウェイで、実に50年ぶりに開催される、富士24時間レース
ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦として行われるこのレースで、場内実況を担当する予定です。
またJ SPORTSでの生中継も決定。
音声は、WEC富士6時間と同様、場内放送のものを利用することになるため、TVでもライブでお楽しみいただけます。
放送予定はこちらをご覧ください。

ということで、いろいろと今月は出演いたしますので、よろしくお願いします。

今シーズンのアナウンスの担当について

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

ご無沙汰していました。

2018年のモータースポーツシーズンが始まりましたね。
今季もいろいろレース実況のお仕事をさせていただく予定ですが、まずは残念なお知らせから。
今季のスーパーGTの、J SPORTSのTV中継は、主催団体の意向により、サッシャさんが全戦実況を担当することになりました。
このため私はスーパーGTの実況を行えなくなりました。
また昨年、これまた主催団体の意向で、スーパーフォーミュラは場内放送の音声をTV中継でも使うことになり、今季も同様の放送となるため、こちらの実況も行えません。
ということで、この仕事を始めて30年経ちますが、国内トップカテゴリーの実況が年間を通してできないというのは初めてです。
まぁ色々事情はあるのでしょうが、やっぱり残念ですね。
まぁまたできる日も来ると思いますので、その時は宜しくお願いします。

では今年のお仕事はどうなるかと言いますと、まずJ SPORTSWEC世界耐久選手権の中継は、全戦担当する予定です。
ただし今季は2年にわたる長丁場のシーズンで、今年は5戦のみの予定です。
昨年まで9戦ありましたから、こちらもちょっと寂しいですね。
なお10月の富士6時間は、例年通り、場内放送とTV中継を同じ音声で行うことになりうそうです。

やはりJ SPORTSで放送されるドイツ・ツーリングカー選手権DTMの中継は、今季も佐藤正勝さんと全戦ダイジェストで放送する予定です。
ただし今季は開幕が5月ですので、開始まで少し時間があります。

スポーツ・ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』のF1中継は、今季も何戦かで実況を担当します。
とりあえず今週末の第2戦バーレーンGPで、FP2、予選、決勝の実況を今季初めて担当します。
メルセデス対フェラーリ対レッドブルの戦いに加え、トロロッソ・ホンダの活躍にも期待しましょう。
18040501.jpg18040502.jpg
(写真協力:PIRELLI、ホンダ)

F1日本グランプリは、まだ未定ですが、おそらく場内FM放送のPit-FMで今年も実況を担当することになりそうです。

それ以外では、5月のニュルブルクリンク24時間レースや7月のスパ24時間レースは、中継があれば実況を担当すると思います。
更に今年、実に50年ぶりに6月に開催される、富士24時間レースでは、場内放送を担当する予定です。
あれ? ということは、既に放送したデイトナ24時間と合わせて、今季は24時間レースを5レース担当することになりそうです。

というわけで、今季は少しお会いできる回数が減りそうですが、変わらずお付き合いください。

なお、私がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYは、4月から土曜日の午後7時5分から20分に放送時間が戻りますが、こちらもお付き合いください。

ここ2~3年、ずっと忙しかったので、今季はちょっとお仕事控えめにして、家族と過ごす時間を増やせたらいいなと思っています。



プロフィール

ナカジ~ = 中島秀之

なかじまひでゆき ティーポ編集部員&契約ライター。またカーマガジンの「失われた時を求めて」のライターも担当。一方フリーランスのレースアナウンサーでもあり、サーキットの場内FM「Pit-FM」やCS放送局の「J Sports」の番組で、レース実況やピットレポーターを担当。また各種ヒストリックカー・イベントの場内放送なども行っている。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.