趣味の総合サイト ホビダス

今月はル・マンです!

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

インディ500の佐藤琢磨選手の優勝はすごかったですね。
調子がいいのはわかっていましたが、オーバル未勝利の琢磨選手がホントに勝つとは!
歴史的な出来事でしたね。

さて6月も、いろいろアナウンスのお仕事があります。
まず今月は、なんと言っても、17~18日に行われるル・マン24時間です。
今年はなんとJ SPORTSが24時間生中継を予定していて、さらにTOYOTA GAZOO RACINGのサイトでも、J SPORTSと同じ中継をスタートとゴールの時間帯で無料配信します。
私はスタートパートとゴールパートで実況を東京のスタジオで担当する予定ですが、現地からの中継も今年は加わります。
詳しくは、J SPRTS 放送予定、またはGAZOO RACING 配信予定をご覧ください。

トヨタは昨年ラストラップで勝利を失ったので、今年は物凄く力が入っています。
3台目のマシンを投入し、国本雄資選手らを乗せることも決まっていますし、3台のどれが勝っても、史上初の日本メーカーのマシンに乗った日本人の優勝が達成されるわけです。
ぜひ琢磨選手の快挙に続いてもらいたいですね。
17060101.jpg17060102.jpg

またスポーツ・ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』では、今月は23~25日に行われるF1アゼルバイジャンGPの実況を担当する予定です。
モナコで速さを見せたフェラーリが、カナダ、アゼルバイジャンと続く公道コースでさらにメルセデスを突き放すのか?
それともメルセデス、レッドブルの巻き返しがあるのか?
楽しみですね。
17060103.jpg

更に、佐藤正勝さんと一緒に実況しているJ SPORTSドイツ・ツーリングカー選手権DTMの中継ですが、先日第2ラウンドのラウジッツリンクの模様を収録。
放送予定はこちらをご覧ください。
今月はさらに第3ラウンドのハンガロリンクも収録予定(放送は7月)です。
ここまでは、参戦3年目のオーストリア人、ルーカス・アウアー(メルセデス)が好調で、第2ラウンド終了時点で既に2勝を挙げランキングトップに立っています。
彼は、今年からDTMの主催団体であるITRのボスになった、ゲルハルト・ベルガーの甥っ子ということでも注目されています。
顔は若い頃のベルガーと似ている気もしますが、身長はおじさんとは違い小柄なんです!
さて快進撃は今後も続くのでしょうか?
17060104.jpg17060105.jpg

またいつも通り、私がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYは、引き続き毎週土曜日の午後7時5分から20分に放送しています。
こちらもお付き合いください。

ということで、今月も宜しくお願いします。


今月もあれこれ実況を担当します

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

レースシーズン真っ盛りですね。

今年のゴールデンウィークは、3、4日に、スーパーGT第2戦富士GT500kmレースの、J SPORTSの生中継で実況を担当。
更に6日の深夜には、同じくJ SPORTSWEC世界耐久選手権第2戦スパ6時間レースの生中継前半で実況を担当しました。
そして7日には、恒例のネコ・オートモビル・フェスティバル NAF の場内放送を、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで担当と、大忙しでした。

5月はこの後、12日金曜に、スポーツ・ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』で、F1スペインGPのフリー走行の実況を担当。
翌13日土曜は、同じく『DAZN(ダ・ゾーン)』で、GP3の予選とレース1の実況を、また14日日曜は、GP3のレース2の実況を担当する予定です。
GP3はF2の下位に位置づけられるカテゴリーで、今季はF1のサポートとして、8ラウンド16レースが開催されます。
日本からは、福住仁嶺選手が2年目のシーズンを迎え活躍が期待されています。
昨年『DAZN(ダ・ゾーン)』では英語放送をそのままオンエアしていましたが、今季は日本語実況を付けて放送することになりました。
ぜひご覧ください。
17050801.jpg

また5月から、J SPORTSドイツ・ツーリングカー選手権DTMの中継が始まります。
今季はメルセデス、アウディ、BMWの3メーカーが各6台の計18台と、少数精鋭の戦いになります。
アウディにお馴染みのロイック・デュバルが乗るのも楽しみです。
例によって佐藤マサカッチャン正勝氏と、ゆる~く実況する予定ですので、お楽しみにしてください。
放送予定はこちらをご覧ください。
17050802.jpg

25日木曜と27日土曜には、『DAZN(ダ・ゾーン)』でF1モナコGPのフリー走行と予選の実況を担当予定。
また28日日曜は、袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われる、FESTIVAL OF SIDEWAY TROPHYで場内放送を担当。
今回はフォーミュラカー・クラスが成立するそうですし、生沢徹さんも参戦予定だそうです。
ぜひ観戦においでください。
17050803.jpg

これが終わるとJ SPORTSに移動し、ニュルブルクリンク24時間レースの生中継で、ゴールの実況を担当する予定です。
今年はトヨタ・ガズー・レーシングは1台のみの参加で、日産も出場予定がないようですが、スバルを始め、日本勢を応援しましょう。
17050804.jpg

また私がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYは、引き続き毎週土曜日の午後7時5分から20分に放送しています。
こちらもお付き合いください。

ということで、今月は大忙しですが、どうぞ宜しくお願いします。

今年は海外レースの実況が増えます!

| Category: | コメント(2) | トラックバック(0)

4月に入ると、いよいよ国内外のモータースポーツも本格始動ですね。
そこで、私の4月のアナウンスのお仕事をご紹介しましょう。

まず今週末ですが、F1、スーパーGT、WTCC、インディカー、モトGP、WRCと、モータースポーファンには目移りしてしまいそうなイベントが世界各地で行われます。
その中で私は、F1第2戦中国GPを、スポーツ・ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』で実況します。
開幕戦オーストラリアGPでも決勝を実況しましたが、今回は7日金曜日のフリー走行から、9日日曜日の決勝まで、全セッションで私が実況を行います。
解説はセッションごとに、田中健一さん、小倉茂徳さん、中野信治選手と変わる予定です。
既にフリー走行1と2が行われたのですが、残念ながら天候不良によりほとんどマシンは走れませんでした。
このためチームは、土曜日が大忙しになりそうです。
また決勝は、メルボルンの市街地コースではベッテル&フェラーリが速さを見せましたが、高速コーナーのある上海の常設コースではどんなレースになるのか楽しみです。
ぜひDAZNでお楽しみください。
17040601.jpg

実は同じ週末にもうひとつレースを実況します。
世界ツーリングカー選手権(WTCC))の開幕戦が、モロッコのマラケシュ市街地コースで行われのですが、今年からベテランの道上 龍選手がシビックでフル参戦することで話題のこのシリーズ。
なんと、J SPORTSで全戦生中継することが決まりました。
しかも予選と決勝両方です!
このWTCC2017開幕戦の生中継を、私が実況します。
解説は長年WTCCの解説をされてきた、福山英朗さんです。
F1は中国開催のため昼間で、WTCCは夜のため、土日はダブルヘッダーとなります。
放送予定は、こちらをご覧ください。
17040602.jpg

更に、4月16日(日)には、WEC世界耐久選手権の開幕戦がイギリスのシルバーストンで行われます。
アウディは撤退しましたが、ポルシェ対トヨタの熾烈な戦いが必至のこのシリーズ、今年もJ SPORTSが全戦生中継します。
もちろん開幕戦の放送でも私が実況を担当しますが、このレースは私、後半の担当のようでして、深夜にお目にかかることになりそうです。
解説は由良拓也さんと脇阪寿一さんを予定。
悲願のル・マン制覇に向け、トヨタがいいスタートを切れるか、ご注目ください。
放送予定は、こちらをご覧ください。
17040603.jpg

また同じ週末に岡山国際サーキットで開幕するスーパーGTに関しては、私が今季実況を担当する予定なのは、5月の第2戦富士500km、7月の第4戦SUGO、そして8月の鈴鹿1000kmの3レースです。
こちらもぜひお楽しみに!

一方、長年J SPORTSで実況を担当してきたSUPER FORMULAですが、今年は主催団体JRPの意向により、BSフジで生中継されることになり、その音声は場内放送のものを使用するということです。
このためJ SPORTSでは、予算の関係で独自の音声をつけるのが難しくなってしまいました。
まだ7月の第3戦はJ Sportsで独自の実況を行える可能性があるようですが、シーズンを通して実況できないのは非常に残念です。
これは個人的な意見ですが、サーキットの場内放送と、テレビのレース中継の実況は、大きく異なるものだと思っています。
エンジンサウンドで聞き取り難いサーキットの場内放送では、聞き取りやすい声で訓練されたアナウンサーが一人で実況するのが基本だと自分は思っています。
一方テレビ中継や、私の出身媒体である場内FM放送は、解説者と共にレースの展開を予想しながら実況し、視聴者に楽しんでもらうのが基本だと考えます。
WECのような耐久レースであれば、まだ両立はできそうですが、スプリントレースではどうでしょうか?
もちろん無料放送は素晴らしいですが、これとてBSより無料ネット生配信の方が、特に若いファンにはありがたいはず。
最近は場内放送にも解説をつけるのがSFの場合当たり前になっていますが、サーキットに見にきてくれたファン、テレビの前で楽しみにしていたファン、両方を裏切ることにならなければよいですが......。

さてこれ以外では、DTMが5月に開幕したら、今年もJ SPORTSの番組で実況を担当する予定です。
また、私がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYは、4月から放送時間が毎週土曜日の午後7時5分から20分に戻っていますので、お間違いなく。
こちらもお付き合いください。

ということで、いよいよシーズンイン。
今季もどうぞ宜しくお願いします!



プロフィール

ナカジ~ = 中島秀之

なかじまひでゆき ティーポ編集部員&契約ライター。またカーマガジンの「失われた時を求めて」のライターも担当。一方フリーランスのレースアナウンサーでもあり、サーキットの場内FM「Pit-FM」やCS放送局の「J Sports」の番組で、レース実況やピットレポーターを担当。また各種ヒストリックカー・イベントの場内放送なども行っている。

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.