趣味の総合サイト ホビダス

いよいよ1年で一番忙しい季節です

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

毎年10月から11月にかけて、日本ではビッグレースが次々行われる関係で、自分にとってもこの時期が、1年で一番忙しい季節です。
ところが今年は、F1日本GPが例年より2週ほど早い9月に行われるほか、WTCC日本ラウンドも9月半ばと例年より早く行われる関係で、自分も例年より早く忙しくなりそうです。

さて、9月のアナウンスの仕事ですが、まず11~13日に行われる、FIA-WTCC 世界ツーリングカー選手権第9ラウンド「Race of Japan」で、初めて場内放送を担当することになりました。
2008年に岡山国際サーキットで初開催され、その後鈴鹿サーキット東コース、同フルコースと舞台を変えてきたこのレース、今年初めてツインリンクもてぎで行われます。
抜きにくいといわれるもてぎで、WTCCの猛者たちは、どんなバトルを見せてくれるか楽しみです。
相変わらずシトロエンが圧倒的に速い今季のWTCCですが、なんとか地元でホンダ勢に一矢報いてもらいたいところ。
実は、自分はWTCCを生で見るのは初めてでして、今からかなりワクワクしています。
この日はオートポリスでSUPER FORMULA第5戦があるのですが、こちらのTV中継は別の方にお任せして、初WTCCを楽しんでくるつもりです。
15090401.jpg
4台体制のシトロエン・ワークスでは、やはり王者J-M・ロペスの速さに注目。(写真協力WTCC)
15090402.jpg15090403.jpg
ホンダ勢ではハンガリー出身のN・ミケリスに注目しています。またラーダも次第に速さを見せていて、今回から元トヨタ・ワークスのN・ラピエールが乗るのにも注目です。(写真協力WTCC)

私が佐藤正勝カメラマンと実況を担当している、ドイツ・ツーリングカー選手権DTMの、J SPORTSの中継は、今月第6戦モスクワと第7戦オッシャースレーベンを放送する予定です。
第5戦で不適切な無線とドライビングがあったアウディ陣営は、ペナルティをモスクワで受けますが、それでもいいレースを続けています。
この2戦4レースの結果が、シーズンの行方を大きく左右することになりそうですので、お見逃しなく。
モスクワ戦では木下隆之選手もゲストで登場予定です。
15090404.jpg15090405.jpg
王座争いは、アウディのベテラン、M・エクストロームと、メルセデスの若手でF1候補生のP・ヴェアレーンがリード。ただしまだ他のドライバーにも十分チャンスはあります。(写真協力DTM)

現地時間19日(土)の午後、日本時間20日(日)の早朝に決勝が行われる、WEC世界耐久選手権第5戦オースチン6時間レースでも、いつも通りJ SPORTSで生中継の実況を担当する予定です。
前回ニュルブルクリンク戦で、ル・マン以上の圧倒的な速さを見せたポルシェ勢が、アメリカでも連勝を飾るのか、それともアウディが巻き返すのか注目です。
残念ながらトヨタは、今季は我慢のレースを続けるしかなさそうですね。
またLMP2では、日本と馴染みが深いKCMGチームが2連勝と波に乗っていますので、応援したいところです。
15090406.jpg15090407.jpg
LMP1はポルシェの、LMP2はKCMGの連勝がアメリカでも続くのか、注目です。(写真協力WEC)

さて21~23日の連休、いわゆるシルバーウィークには、ヒストリックカー・ミーティング事務局が運営する、ジャパンクラシックツアーに少しお邪魔して、車両紹介などのアナウンスを担当する予定です。
今回は長野県松本市から安曇野、奥飛騨、高山、白川郷、白山、金沢、富山と、信州から北陸を目指すルートだそうです。
お近くの方はぜひ遊びにいらしてください。
15090408.jpg
様々なヒストリックカーとスーパーカーが参加する予定です。

そして25~27日に鈴鹿サーキットで行われるF1日本グランプリは、例によって場内FM放送のPit-FMのメイン実況を3日間にわたり担当します。
今年は、毎年ご協力いただいている地元FM局、FM三重さんの特別番組に、26日(土)と27日(日)のレース後に出演することになるようです。
さてどうなりますことやら。
15090409.jpg15090410.jpg
鈴鹿でもメルセデス・コンビの圧倒的な速さは変わらないでしょうが、マクラーレン・ホンダにもなんとか地元でいいところを見せてもらいたいものです。(写真協力メルセデス・ベンツ、ホンダ)

それから、毎週土曜日19時から放送しているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYも、引き続きお楽しみにしてください。

ということで、あわただしい9月になりそうですが、どうぞ宜しくお願いします。

8月もあちこちで実況します

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

毎日暑いですね。
さすがにこれだけ暑いと、レースどころではないという気もします(!?)が、今月もいろいろ注目のレースで実況を担当する予定です。

まずは8月9日に富士スピードウェイで決勝が行われるスーパーGT第4戦ですが、2戦連続優勝のGT-R勢が連勝記録を伸ばすのか、それともRC-F、NSX勢が巻き返しを見せるのか、注目です。
このレース、前戦タイに引き続き、自分は横浜のニッサン本社ショールーム内にあるホールで行われるパブリックビューイング「NISSAN MotorSports LIVE with Pit-FM」で実況を担当する予定です。
ゲストは砂子塾長と松田秀士さんというベテランコンビを予定。
涼しい室内でレースを生で観戦できます(しかも無料!)から、ぜひ遊びに来てください。
15080501.jpg
写真協力:トヨタ

また23日にツインリンクもてぎで決勝が行われる、SUPER FORMULAの第4戦は、J SPORTSの生中継の実況を担当します。
前戦でIMPUL勢が復活を遂げ、ますます混戦模様のスーパーフォーミュラ。
ポイントリーダーを守っている石浦宏明を筆頭に、各ドライバーが、抜きにくいもてぎでどんなバトルを展開してれるか楽しみです。
15080502.jpg
写真協力:トヨタ

さらに、30日にドイツのニュルブルクリンクGPコースで決勝が行われる、WEC世界耐久選手権第4戦ニュルブルクリンク6時間レースでも、J SPORTSで生中継の実況を担当する予定です。
前戦ル・マンから2か月以上のインターバルを空けて行われる今回のレース。
17年ぶりにル・マンを制したポルシェの勢いは続くのか、それともアウディ、トヨタが巻き返すのか?
ぜひTVでご覧ください。
15080503.jpg
写真協力:ポルシェ

そしてもうひとつ注目は、ドイツ・ツーリングカー選手権DTMです。
7月の2戦は、ウエイトハンデの影響もあって、メルセデスとBMWが優勝しましたが、ハンデが少なくなった途端にアウディ勢の速さが復活。
先日レッドブルリンクで行われた第5戦は、2レースともアウディが勝利しました。
ただしこのレース、第2レース終盤に、アウディMSのボスであるドクター・ウルリッヒ(下の写真)から、ベテランのシャイダーに対して、前を行く2台のメルセデスを押し出せ! と無線が飛んだことが問題視されています。
はたしてどんなレースだったかは、J SPORTSでご覧ください。
15080504.jpg15080505.jpg
写真協力:アウディ

そして先々月お伝えした、関谷正徳さんプロデュースによる、インタープロト・シリーズ(IPS)も今月放送がある予定ですし、
毎週土曜日の19時から放送しているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYでは、今月も様々な情報をお送りする予定です。
そのCARLIFE & MOBILITYで、スーパー耐久シリーズへの挑戦の模様を毎回お伝えしている、埼玉トヨペットGreen Braveが、先日行われたオートポリス戦で、初優勝を達成しました。
ディーラーで車両を作り、ディーラーの社員とメカニックで編成されるこのチーム、参戦3年目にして、同じ86を使うワークスのGAZOOチームを撃破しての快挙です。
その模様も今月の放送でお届けします。

というわけで、今月も宜しくお願いします。


7月は少しのんびりしています

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

7月は日本のレースが少ないため、自分にとって少しのんびりできる時期です。
とはいえいくつかお仕事はありますので、ご紹介しましょう。

まず、ドイツ・ツーリングカー選手権DTMJ SPORTSの中継ですが、今月は第3ラウンド・ノリスリンクと第4ラウンド・ザントフールトが放送予定です。
既に第3ラウンドは終了していて、メルセデスのヴェアレインとウィケンズが勝利を挙げました。
15071001.jpg
(DTMの写真はいずれも、メルセデス・ベンツ)

今季はここまでアウディのベテラン、グリーンとエクストロームが好調でしたが、ウエイトハンデの関係もあり今回はメルセデス勢の若手ドライバーが好調でした。
メルセデスの若手は、DTMで好成績を残せばF1への道が拓ける可能性もあり、良いドライバーが揃っています。
中でも、今回第1レースで勝ったパスカル・ヴェアレイン(20歳のドイツ人)は、2012年にF3ユーロシリーズで総合2位を獲得、昨年ルーキーながら19歳で史上最年少優勝を飾った逸材です。
角刈りというか、サイドを刈り上げた髪型がトレードマークで、クールな性格みたいですね。
15071003.jpg

一方第2レースで勝ったロバート・ウィケンズ(26歳のカナダ人)は、2011年のフォーミュラ・ルノー3.5王者で、参戦2年目の2013年には2勝を挙げるなど、既にDTMのトップドライバーとして認知されています。
陽気な性格と、アグレッシブな走りが魅力で、顎の感じから「DTMの石浦宏明選手(C.マサカっちゃん)」の異名を持ちます。
15071002.jpg

もう一人、今回のラウンドで4位と2位に入り、着実にポイントを積み重ねているのがクリスチャン・ヴィエトリス(26歳のドイツ人)で、参戦5年目でまだ1勝ですが、非常に落ち着いたレース運びが特徴です。
なかなかのイケメンでもあります。
15071004.jpg

というわけで、この3人の特徴を頭の片隅に入れていただいて、J SPORTSのDTM中継をご覧いただくと、さらに楽しめると思います。

さて、7月18~19日は、富士スピードウェイSUPER FORMULAの第3戦が行われるのですが、今年はこのレースはパスさせていただいて、岡山国際サーキットで行われるティーポ・オーバーヒート・ミーティングに行く予定です。
昨年は行けずに残念な思いをしましたから、今年は楽しみにしています。
デモランでは、懐かしいロータス78が走る予定ですので、お天気になって欲しいですね。
15071005.jpg

なお毎週土曜日の19時から放送しているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYでは、今月箱根周辺のドライブガイドなどを放送していますので、こちらもぜひお聞きください。


ところで、先日6年ぶりにイギリスに行ってきました。
今回は取材ではなく、完全にプライベートで、家族3人での旅行です。
ヒースロー空港でレンタカーのプジョー2008ディーゼルターボを借り、湖水地方までドライブして、3日余りを過ごしてきました。
この時期のイギリスは、朝晩は寒いくらいですが、花がいっぱい咲いていて、とてもきれいです。
雨にも少し降られましたが、大体お天気で、気持ちよくリフレッシュできました。
せっかくなので、最後に少しだけ写真をご覧いれましょう。

15071006.jpg
今回の足、プジョー2008。乗り心地がなかなかよく、ディーゼルターボで燃費も16km/ℓほどとなかなか。
15071007.jpg
湖水地方のウィンダミア湖では、対岸に渡る簡易フェリーにクルマごと乗りました。
15071008.jpg
この季節のイギリスは緑とお花がとても美しかったですよ。
15071009.jpg
湖水地方の美しいお城、サイザーキャッスルは、小さいですが見応えがありました。



プロフィール

ナカジ~ = 中島秀之

なかじまひでゆき ティーポ編集部員&契約ライター。またカーマガジンの「失われた時を求めて」のライターも担当。一方フリーランスのレースアナウンサーでもあり、サーキットの場内FM「Pit-FM」やCS放送局の「J Sports」の番組で、レース実況やピットレポーターを担当。また各種ヒストリックカー・イベントの場内放送なども行っている。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.