趣味の総合サイト ホビダス

テストドライブの結果は・・・?

| コメント(0)

前回、ガス欠症状に見舞われたときと同じルートでテストを実施。


で結果だけど、高速でも下道でもエンジンはスムーズで、ガス欠症状がバッチリ改善されてましたヨー(嬉)。

18-0011.JPG

調子に乗って、何と280㎞も走っちゃいました~♪


18-0012.jpg

嬉しい副産物として、今まで10㎞/ℓ前後だった燃費が11.4㎞/ℓに向上(嬉)。

つーコトで、今回のキャブ再調整は大正解。

メンテも同時に実施

| コメント(0)

キャブの再調整にプラスして、グリスアップ&タイヤのクリーニング、ブレーキの調整など、足まわりのメンテも同時に実施。

18-0010.jpg

この時期、タイヤのクリーニングは水が冷たくて手がちぎれそう(涙)。

まあ、シュヴァルツ君のオシャレのためだから、ガマンしましょう。

原因追究

| コメント(0)

ガス欠症状の原因は何だ?

何はともあれ、まずはプラグのチェック。

で結果は、どのプラグにも不完全燃焼を示す兆候なんて見当たらず、理想的な焼け具合。
つーコトで、点火系は問題なし。

症状面から推理すると、やはり原因は燃料系かな。

18-0009.jpg

だとしたら、燃料のルート途中が詰まっているか、キャブのトラブルか、どちらかが原因だろう。

今回はキャブ側からタンク方向に辿ってチェックすることにした。

で、キャブ本体を外す前に、まずはアッパーカバーを外してフロート室をチェックしてみた。
すると、両キャブ共にほとんどスッカラカン状態(汗)。

うーん、そういえばキャブを交換した際、ミクスチャーの調整だけでプラグの焼け具合や走行フィールがバッチリ改善したもんだから、イベント後には何もしなかったよな・・・。


つーコトで、改めてキャブを外して分解整備。

18-0004.jpg

とにかく、フロートレベルを測ってみると、基準値よりもかなり低かったので、油面が上がるようにワッシャーを減らした。
念のため、加速ポンプの吐出量をチェックすると、左右で少し違っていたので、ピッタリに合わせた。


キャブをエンジンにセットして始動させ、充分にアイドリングさせてから、アッパーカバーを外してフロートレベルを確認。

18-0005.JPG

2度目の調整でフロートレベルが基準値に収まったので、念入りに同調を合わせてフィニッシュ。
排ガス装置が大活躍(笑)。


18-0006.JPG

念のため、いつタンク下の燃料フィルターを交換したかチェックしてみたら、何と交換時期を大幅に過ぎていた(驚)。


18-0007.JPG

交換ローテーションは、ちゃんと守ろうね・・・(汗)。


18-0008.JPG

これで疑惑の部分と不安要素は取り除いたハズなので、あとは確認のドライブをして最終チェックするだけだ。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング