趣味の総合サイト ホビダス

おもちゃに裏ワザ

| コメント(0)

ドラレコは本来エンジン始動と連動して起動し、エンジンを停止すると電源もオフになる仕組みだけど、ちょっとした裏ワザを使って、エンジン停止状態でも撮影ができるようにしてみた。

17-0060.JPG

何でそんなことをしたかっていうと、実はドラレコを導入した数日後、まだドライブにも行ってないのに、設定した日付がリセットされていたからだ(涙)。

このドラレコは、設定した日付を保持するためのバッテリーが内蔵されてるっていうんで購入したのに・・・(怒)。


早速メーカーに電話すると、内蔵バッテリーがまだ充電されてないことがリセットの原因だろうとの見解。

そこで、充電方法を聞いてみると、ドライブしないと充電されないんだとか・・・。

どのくらいドライブすれば、フル充電されるのかと聞くと、5~10時間ですと・・・。

フル充電で、どのくらい持つのかと聞くと、10日くらいだと・・・。

つーコトは、1ヶ月も乗らないとバッテリー切れで日付がリセットされちゃうことになる。

それじゃ困るんで、ドライブ以外の充電方法がないか聞いてみると、ないという・・・。

リセットされたら、その都度日付を入力するしかないとのご神託。

オイオイ、それじゃバッテリー内蔵の意味ないじゃん。
以前のおもちゃは安物だったけど、1ヶ月以上ほったらかしにしたって日付がリセットされたりしなかったゼ。


どーしてもってコトなら、電源直結のシガーソケットでドラレコを稼働させればドライブしなくても充電できるらしいけど、充電するときだけドラレコの電源プラグをACC電源のシガーソケットから常時電源のシガーソケットに差し替えるのも面倒(汗)。


つーコトで、ドラレコの電源プラグを差し替えずに、リレーを使ってシガーソケットへの電源供給をACC電源から常時電源に切り替えられるようにした。

17-0061.jpg

さらに裏ワザとして、常時電源の接続には電圧監視機能が付いた電源ケーブルを使い、外出した際の駐車時にバッテリー上がりの心配をせずにドラレコが稼働できるようにしてみた。
これなら、監視カメラとしても使えるもんネ。

裏ワザのトータル費用は、電源ケーブル+リレー+スイッチの3点で2,300円ポッキリ。


17-0062.JPG

ちなみに、この裏ワザを導入する前に、ちゃんとドライブに行ってドラレコの内蔵バッテリーをフル充電してきたヨ~♪

おもちゃをグレードアップ

| コメント(0)

17-0057.jpg

これは2012年に導入したおもちゃ。


ところが、さすがに古くなってきたようで、今どきのドラレコと比べると、映像が地アナ時代のブラウン管テレビと地デジになってからの液晶テレビくらいの差がある(汗)。


そこで、もしも孫悟空が筋斗雲に乗って前を横切っても、バッチリ映像が捉えられるように、新しいおもちゃに買い替えてみた。


17-0058.JPG

コレが新しいおもちゃ。

17-0059.JPG

メモリ製品で有名なトランセンド社の製品。

前のおもちゃより、かなりグレードアップしたけど、購入の決め手は16GBのマイクロSDカードが付属して5,980円という破格なお値段(笑)。

新品なのに展示品という理由で格安になっていた。


今度、孫悟空とかUFOを捉えたら、映像をアップしますネ~♪

春休みの工作

| コメント(0)

先日も記事にしたけど、シュヴァルツ君に装着している燃焼式ヒーターは超~効く。

とはいえ、効きすぎるのも困りモノ。


温度や風量の調節ができない機種なのに、吹き出し口が右側を向いているため、温風がモロに助手席の足元を直撃するらしく、ドライバー側よりもガマン大会になるようだ・・・(汗)。

17-0054.JPG


そこで、せめて風向きだけでも調整できるようにと、ちょっと工作することにした。


17-0052.JPG

まずは材料として、引き出しなどに使う取っ手を購入。


17-0053.JPG

購入した取っ手を加工して、こんなモノを作ってみた。


17-0055.JPG

これをルーバーとして吹き出し口にセットし、温風がドライバーの足元に来るように目論んだワケ。


17-0056.JPG

で、その効果だけど、かなりビミョ~(汗)。


ルーバーの改良版は、次のシーズンまでの宿題だな。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング