趣味の総合サイト ホビダス

(続)ジャッキのハナシ

| コメント(2)

ちょっとしたメンテから本格的な修理まで、
ジャッキアップする機会はかなり多いよネ。

出先の路上でジャッキアップしなくちゃならない場合だと、
車載ジャッキを使うのが一般的だけど、
自宅での作業ならフロア・ジャッキがベスト。

セルフ・メンテ系のヒトだったら、
フロア・ジャッキのひとつやふたつ(?)、持ってて当たり前。
つーコトで、今回は我が家のフロア・ジャッキたちをご紹介しましょう↓。

まあ大小サイズの単なるフロア・ジャッキだけど、
それぞれ入手にまつわるエピソードがあるのヨ。

まず、小さいほうのフロア・ジャッキだけど、
17~8年くらい前に、とあるカー用品店の閉店処分セールで買った国産品。

当時から既に格安な輸入品が流通してはいたけれど、
信頼性・安全性ともに優れる国産品が
破格の処分特価(確か5千円くらい)になってたんで、
思い切って購入しちゃったのヨ。
この閉店処分セールに出会わなけりゃ、
ボクのメンテ人生(?)、きっと変わっていたかもネ。
だって、それまでは車載ジャッキだけでメンテしてたのヨ。


このジャッキはマサダ製の1.25トン仕様で、最大リフト量が42センチ。
現在は、大きいほうのジャッキに主役の座を譲ってます。

で、大きいほうのフロア・ジャッキは、
とあるカー用品店で使われていたプロ用で、
そのショップが閉店したしたのを機に、タダで貰い受けたモノ。
何と、邪魔だから持っていってイイよって(嬉)。
即行、軽トラを借りて引き取りに行ったネ。


このジャッキはバンザイ自動車製の3トン仕様で、最大リフト量が61センチ。
という以外、このジャッキがいつ頃のモノなのか、
いくらぐらいのモノなのか、まったく不明です。
でも、足踏みペダルも付いてるし、使い勝手は超グッド。

ちなみに、これを貰ったのは15年くらい前だけど、
もうこんなおいしいハナシはないだろうネ。


ところで、言うまでもないだろうけど、
ジャッキアップの際は、接地してる側のタイヤに輪止めをかまし、
浮かせたボディを必ずリジッドラック(ウマ)で支えようネ。

コメント(2)

お世話になります

ジャッキアップポイント 前後どこへかけるべきでしょうか?
教えて頂きたく、お願いいたします。

1303s でございます。

コメントする

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.