趣味の総合サイト ホビダス

真夏のドライブでアクシデント(その顛末)

| コメント(2)

中々アップする暇がなかったけど、真夏の奥多摩ドライブで起きたもうひとつのアクシデントのハナシね。

それは、奥多摩周遊道路をドライブ中に、ふと燃料計を見たときだった。
タンクにはガソリンが約10ℓもあるのに、何とレッドゾーンが現れてガス欠を示してたのヨ↓。

13-0141.jpg

そこで、タンク側のセンディング・ユニットからゲージのワイヤーを外して、手動で操作してみたけど、ゲージのレベルは変化せず、レッドゾーン部が出たまま(ガス欠表示のまま)。
ワイヤーを何度操作しても、レベルを示す黒いバーがお隠れになったまま出てこない(涙)。

ありゃー、Dehneの燃料ゲージが壊れちゃったのか・・・。
修理するにしても、この手のゲージはドコでやってくれるんだ?
ひょっとして、交換が必要か?
だとしても、モノはあるのか?

13-0142.jpg
ま、悩んでもしょうがないので、帰宅後、一か八かでクルマからゲージを外して分解してみた。

13-0143.jpg
すると、スライド部の奥で黒いバーが引っ掛かっていて、動けずにいた。
黒いバーを慎重に引っ張り出し、引っ掛かりを修正して修理は完了。
念の為、スライド部と黒いバーの部分にシリコン・スプレーをシュッと吹いておきました。
お陰で動きがスムーズに(嬉)。

13-0144.jpg
つーコトで、Dehneの燃料ゲージは無事に復活(ホッ)。

コメント(2)

こんにちは。こちらの記事を読み欲しくなり私もDehneの燃料ゲージを購入しました。取り付けてはいませんがワイヤーを引っ張ったらスムーズに動くのですが5L付近の赤いゲージが出てきません。何かあるのでしょうか?

コメントする

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.