趣味の総合サイト ホビダス

2017年4月10日アーカイブ

おもちゃに裏ワザ

| コメント(0)

ドラレコは本来エンジン始動と連動して起動し、エンジンを停止すると電源もオフになる仕組みだけど、ちょっとした裏ワザを使って、エンジン停止状態でも撮影ができるようにしてみた。

17-0060.JPG

何でそんなことをしたかっていうと、実はドラレコを導入した数日後、まだドライブにも行ってないのに、設定した日付がリセットされていたからだ(涙)。

このドラレコは、設定した日付を保持するためのバッテリーが内蔵されてるっていうんで購入したのに・・・(怒)。


早速メーカーに電話すると、内蔵バッテリーがまだ充電されてないことがリセットの原因だろうとの見解。

そこで、充電方法を聞いてみると、ドライブしないと充電されないんだとか・・・。

どのくらいドライブすれば、フル充電されるのかと聞くと、5~10時間ですと・・・。

フル充電で、どのくらい持つのかと聞くと、10日くらいだと・・・。

つーコトは、1ヶ月も乗らないとバッテリー切れで日付がリセットされちゃうことになる。

それじゃ困るんで、ドライブ以外の充電方法がないか聞いてみると、ないという・・・。

リセットされたら、その都度日付を入力するしかないとのご神託。

オイオイ、それじゃバッテリー内蔵の意味ないじゃん。
以前のおもちゃは安物だったけど、1ヶ月以上ほったらかしにしたって日付がリセットされたりしなかったゼ。


どーしてもってコトなら、電源直結のシガーソケットでドラレコを稼働させればドライブしなくても充電できるらしいけど、充電するときだけドラレコの電源プラグをACC電源のシガーソケットから常時電源のシガーソケットに差し替えるのも面倒(汗)。


つーコトで、ドラレコの電源プラグを差し替えずに、リレーを使ってシガーソケットへの電源供給をACC電源から常時電源に切り替えられるようにした。

17-0061.jpg

さらに裏ワザとして、常時電源の接続には電圧監視機能が付いた電源ケーブルを使い、外出した際の駐車時にバッテリー上がりの心配をせずにドラレコが稼働できるようにしてみた。
これなら、監視カメラとしても使えるもんネ。

裏ワザのトータル費用は、電源ケーブル+リレー+スイッチの3点で2,300円ポッキリ。


17-0062.JPG

ちなみに、この裏ワザを導入する前に、ちゃんとドライブに行ってドラレコの内蔵バッテリーをフル充電してきたヨ~♪

  • 1

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.