趣味の総合サイト ホビダス

2018年1月26日アーカイブ

テストドライブの後に・・・

| コメント(0)

実はその昔、今回の高速走行中のガス欠症状と同じ経験をしている。
そのときのことは、レッツVWs本誌20号の長期レポートに掲載してあるので、気になるヒトは読み返してみてネ(笑)。

で、もしもテストドライブで症状が改善されてなかったら、そのときの経験を生かして実施しようと思っていたメンテを、テストドライブ後、念のために実施した。


燃料系トラブルの予防策として実施したのは、フューエルラインのクリーニング。

18-0009.jpg

18-0016.JPG

まずは、タンクから燃料ポンプまでのフューエルパイプをエアコンプレッサーで高圧洗浄。
嬉しいことに、パイプ内からサビなどは排出されなかった。
※2003年のトラブル時は、赤サビが大量に放出されてビックリした。


18-0013.jpg

さらに、コック側の燃料出口(画像の4)からオン(画像の1)&リザーブ(画像の2)の流出口もエアコンプレッサーで高圧洗浄した。


18-0014.jpg

もちろん、この網フィルター(上の画像の12)も外してキャブクリーナーとエアコンプレッサーでクリーニングし、万全を期した。


18-0015.jpg

同様に、燃料ポンプ手前の網フィルターもネ。


これで当分の間、燃料系に起因する不測の事態は防げるでしょう(嬉)。


ところで、作業のためにエアコンプレッサーを置いていた場所は、先日の大雪で↓こうなっちゃいました・・・(汗)。

18-0017.jpg

  • 1

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.