趣味の総合サイト ホビダス
 

« こんなバッグの登場をずっと待っていたんです!
| メイン Main | 今まで止まれたのが不思議です(インターメカニカ Project)
»

May 21, 2006

リアドラムを取り外す秘密兵器登場!(インターメカニカ Project)

めでたくプロジェクト(不動車)の仲間入りを果たしたインターメカニカ。前回のレポートではリアブレーキのリフレッシュを開始しようとしたものの、アクスルナットが全く緩まず、したがってドラムが外れず、ゆえにブレーキに手が入れられず、いきなり壁にぶち当たってしまったことをお伝えししました。

でも秘密兵器をゲットして今日は作業が順調に進みましたよ! (上の写真はJesus Fishではありません)

続きは↓をクリック!

前回レポートしたようにトルクマイスターとバカ力だけではどうしようもないので、早速Sears(シアーズ)とホームセンターへひとっ走り。
 

ここシアーズはいわゆる普通のダイエーやイトーヨーカドー(今はセブン&なんちゃらかんちゃらって言うんですよね?)のような一般庶民系のスーパーです(食品よりも衣料品、家庭用品が中心)。ただここシアーズにはアメリカに住む人であればほとんどの人がガレージ常備しているであろう、クラフツマンブランドのツールを取りそろえております。数もとても充実していて、VWの整備には必要不可欠なメトリック(mm)工具もしっかりと取りそろえられてるのがうれしいところ。今回シアーズでゲットしたのがこれ! アクスルナットサイズの特大ソケットとブレーカーバー。差し込みソケットも特大の3/4インチ!
  

ただ、さすがに36mmの3/4インチ差し込みソケットなど特殊なものはなく(1/2インチソケットはあったんですけど)、ほぼ同じ寸法の1 7/16インチで対応することにしました。特大トルクが掛かるだけに差し込みソケットは3/4インチの方にしたかったのです。
 

さらにホームセンターで150センチほどの長さの鉄パイプを購入! 今晩の集会ために備えます。って違うってば! どのように使用するかは後ほど。

ところで冒頭でお見せした写真。ゴールドフィッシュのような形をしたものですが、これ空冷VWショップ扱われているスペシャルツール。このツールの端をハンマーで叩いてアクスルナットにインパクトを与えながら緩めることができる便利アイテムです。名付けてゴールドフィッシュツール!(勝手に名付けました)

ではいざ決戦です!
まずはゴールドフィッシュツールで36mmのアクスルナットにインパクトを与えます。ナットには事前にUD40(潤滑スプレー)などを吹き付けておくとさらにいいでしょう。

で、先ほどの鉄パイプが活躍するときがきました。鉄パイプにブレーカーバーを差し込み、グイッと力を入れたら、あらまー! 簡単にアクスルナットが緩みました!

左右のアクスルナット、そしてホイールのナットを緩めたところでジャッキアップ。ホイールごとドラムを外そうとするとフェンダーに引っかかって外れないので。ホイールだけ外します。
  

ハイ! ようやくドラムが外れました! 

リアのドラムブレーキはご覧のような構造となっています。
先日お伝えした1958Bugのフロントドラムとの違いはサイドブレーキの有無とホイールシリンダーの位置が12時の位置になること(フロントブレーキは進行方向後ろ側の横)。

まずは下側のリターンスプリングを外し、さらにサイドブレーキのフックを取り外し、上のリターンスプリングは残したまま両側のブレーキシューを一緒に取り外します。
  

バックプレートをブレーキクリーナーでクリーニング。

引き続きブレーキラインを外し、ホイールシリンダーを取り外します。もうこの辺の作業は慣れたものです♪
 

さあ、これがおそらくトラブルの原因であろうホイールシリンダー。外観を見る限りはそんなに悪くなさそう。しかし。。。。

この後、驚きの事実が発覚!! 

ハイ! 今日はここまでです!
次回は取り外したホイールシリンダーをじっくりと検証していきます。まじビックリです。

つづく

これまでのインターメカニカの模様はこちらからチェックできます!


VWクラシックの模様Part3はこちら!

VWクラシックの模様Part2はこちら!

VWクラシックの模様Part1はこちら!

OCTOの模様PART2はこちら!

OCTOの模様PART1はこちら!

DKPクルーズナイトの模様はこちら!

VWクラシックウィークの詳細スケジュールはこちら!

これまで紹介したVWイベントの模様はここで一気にチェックできます!

これまでの1958Bugの模様はこちらでご覧になれます!

人気blogランキングへ

週刊ブログランキング

にほんブログ村 車ブログ






Posted by : Shin Watanabe : May 21, 2006 4:19 PM

トラックバック TrackBack

このエントリーのトラックバックURL TrackBack URL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/9190

コメント Comments

コメントする