趣味の総合サイト ホビダス
 

« やっぱり楽しい! タイプ2オンリーイベントO.C.T.O. | メイン Main | 最新のオイルは空冷エンジン(旧車)にとって最適なオイルとは決して言えない。 »

October 15, 2008

ようやくパーツが到着。ちょっとしたディテーリングも実施(インターメカニカ・プロジェクト)

フライホイールを組み付けるのに必要不可欠のパーツがようやく届きました。これでフライホイールを装着し、エンドプレイを確認して問題なければ、クラッチを装着。エンジン搭載の準備が整います。あとこれにあわせてちょっとしたディテーリングのためのパーツもゲット。たぶん気が付いてくれる人は少ないと思うのですが、あくまでも自己満足の追求ですから。


続きは↓をクリック!


冒頭の写真はオイルドレインのガスケットとファンシュラウドに貼るバルブクリアランスのステッカー、そしてオイルフィルターのキャニスターに貼るステッカーです。それにしても本当に驚いてしまうのが、このようなきめ細かいパーツがなんの問題もなく手に入ってしまうこと。素晴らしいですね!

で、適正のエンドプレイを出すためのスペーサーがようやく届きました。これとあわせてフライホイールを組み付ければ適正のエンドプレイが得られるはず。そうすればクラッチを組み付けてエンジン搭載あるのみ! ようやくゴールが見えてきます。



さらに、今回は前々からアップデートしたいと思っていた箇所に手を入れました。それがこれ。


コンバーティブルトップのブーツ、いわゆるカバーを装着するためのスナップですね。これまではいわゆる普通のボタンだったんですけれども、これをジャーマン物のTenax Fastenerに交換したかったのです。非常に細かい箇所ですが、ここがクロームパーツになるだけで雰囲気が結構変わるのです。こんなパーツも手に入ってしまうんですねー。素晴らしい。トップ側はビスでとめられているボタンのオスを取り外し、Tenaxのオスを締め付けて装着するだけ。非常に簡単。


しかし、トップのブーツ側はちょっと手間です。まずはリベット止めされているボタンのメス側をニッパーで壊して取り外します。キャンバスを破らないように慎重に作業を進めます。ここにTenaxのメスを締め付けていくのですが、現在の穴が小さいため、広げながら約10mmの穴を開けなくてはなりません。しかし強引に穴をこじ開けるとビリッといきそうなので、レザーなどに穴を開けるパンチがあった方がいいかと思います。しかしそんな工具はないので、作業中断。いい方法を考えなくては。


というわけで、トップ側はこんな感じになりました。


えっ、大して変わらないですって!? いいんです。あくまでも自己満足の追求ですから。

あ、そうです。ボルテッジ・レギュレーターも再マウント。着々とエンジン搭載の日のために準備を進めております。



ではまた。

これまでの「VWに乗る100の理由」はこちらからチェックできます!

これまでのインターメカニカの模様はこちらからチェックできます!

これまでの1958Bugの模様はこちらでご覧になれます!

これまでのサブちゃんの模様はこちらからチェックできます!









Posted by : Shin Watanabe : October 15, 2008 5:01 PM

トラックバック TrackBack

このエントリーのトラックバックURL TrackBack URL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/41398

コメント Comments

コメントする