趣味の総合サイト ホビダス
 

« LEDライトで強力なストップパワーをゲット。 | メイン Main | 久々にモーニングクルーズへ »

May 20, 2009

着々と進化中です。

またもや大変ご無沙汰してしまいましたねー。前回の更新からはや1ヶ月以上もう経過してしまいました。
その間、数々のVWイベント取材、東海岸出張など相変わらずバタバタしておりますが、気を取り直していきたいと思います。我が愛するインターメカニカも急ピッチに色々なモディファイ、メンテナンスを進めております。実は今年の7月にカナダはバンクーバーのインターメカニカ本社で開催されるミーティングに参加しようと考えているのです。もちろん自走でね!


ということで、日本から持ち込んで以来、ずっと不便に感じていたあれをモディファイすることにいたしました。

こちらはマイルの国ですからね。

続きは↓をクリック!


そうなんです。それは日本でKm表示のスピードメーター。こちらはマイル単位なので何かと不便なのですねー。
我がインターメカニカは15年ほど前に日本で購入。当然日本向けの仕様になっていたわけです。我が愛車が日本に来て以来、バンパーをダブルバンパーにしたり、テールランプを赤一色にしたり、コツコツとUS仕様にしてまいりました。
10年前に私がアメリカに来て、やがて愛車もアメリカに来ることになったわけです。しかしここまで15年間、スピードメーターはずっとKM表示。アメリカは距離の単位がマイルなワケで、こちらに来て以来、ずっと不便に感じていたわけなのです。ということでようやくゲージ類のリフレッシュを施工することにいたしました。


取り外し、再配線は難儀を極めました。何せ仰向けになりながらダッシュの下に潜って作業をしなくてはなりません。一つ一つ慎重に確認しながら配線を進めていきます。



これまでコンビゲージだった箇所にはトリプルゲージにしました。油圧、油温、燃料をリアルタイムにチェックすることができるようになりました。赤いランプは発電、グリーンはオイルのワーニングランプにしております。


タコメーターはもちろん電気式にコンバージョン済。ポルシェ356はなんとクランクからワイヤーを引っ張ってくるメカニカル式だったのです。どうですか?違いが分かりますか?


センダー関係もマッチングの関係で用交換でした。例えば油温計のセンダーはものによっては120℃、200℃、180℃単位のものがあります。これがゲージ側とマッチしていないと正確な温度表示をすることができません。


こちらのセンダーは油圧計用のセンダー。2つ端子がありますが、一つはリアルタイムに正確な油圧を測るためのもので、もうひとつは油圧がなくなった際に警告ランプをともすためのもの。



ガソリンタンクのセンダーもミスマッチ。


さんざん苦労してインストールが完了! どうですか? 素晴らしいですね。雰囲気がガラリと変わりました。


こちらが使用前。


こちらが使用後。うーん、普通の方には全く違いが分からないでしょうな。。。。


おかげで平穏無事な毎日を送ることができております。



いやー素晴らしいですね!
ではまた!

あ、ところで私のもう1台の愛車58Bugただ今こんな状況です。

これまでの「VWに乗る100の理由」はこちらからチェックできます!

これまでのインターメカニカの模様はこちらからチェックできます!

これまでの1958Bugの模様はこちらでご覧になれます!

これまでのサブちゃんの模様はこちらからチェックできます!





Posted by : Shin Watanabe : May 20, 2009 6:52 PM

トラックバック TrackBack

このエントリーのトラックバックURL TrackBack URL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/55885

コメント Comments

いいな♪いいな♪トリプルゲージ♪欲しいなぁ♪

投稿者 Posted by MAXX : May 24, 2009 12:13 AM

MAXXさん、どうも。
トリプルゲージいいですよ~。
ゲージのリングの形状も違うので、オリジナル感がグッと上がりますよ~。

投稿者 Posted by しんのすけ : May 25, 2009 3:13 AM

コメントする