趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2010年4月 | トップ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日

VWが取り持つ日独親善♪

PICT0904.jpg
上の画像は、たった今、ドイツからメールに添付されてきたものです。
メールの送り主は、一番前のコーラルレッドの1957年式を所有している
オーナーさんから。このオーナーさんは他にも1960年式を所有している
とのことですが、さて、5月21日の拙ブログで「一通の手紙がドイツから
送られてきて、その文面には?!?!」なんてことを書きました。
ですぐにメールで返事を送信したんですが、たった今、その返事が
メールで届いたのでした。
詳しく書くと長くなるので 中略 で書きますが、この1957年式のオーナーさんの
20歳の娘さんが7月に初めて日本に来ます。で、親御さんから「どこか
安全で安く泊まれるところを知っていたら紹介して欲しい」という内容の
手紙が届いていたので、いくつかの宿泊施設を紹介しつつ、「良かったら
拙宅にも泊まってかまいませんよ、遠慮は要りません」と書きましたら
「とても嬉しく思います。ぜひお言葉に甘えさせてください」という返信が
メールで届き、所有しているビートルの写真と、その娘さんの写真が
添付されてきました。うわわわぁ~!! ということで、7月の半ば過ぎですが、
ジョアンナさんという20歳のドイツ姉さんが来宅、ステイすることとなりました。
お姉さんの写真はその時期が来るまで非公開。笑。

空冷VW乗ってりゃ、世界各国みな知り合い!! を地で行くことに。笑。
ちなみにドイツのお姉さんなので、話す言葉は僕の苦手なドイツ語だあ。
ただし英語はOKのよう。日本語を勉強しているとのことなので、
グーテンターク!! 程度の挨拶をしておけば大丈夫だと思います。爆。

投稿者 滝沢隆久 : 21:48 | コメント (1)

2010年5月30日

忙しかった日曜日

P5310078.JPG
こんばんは。日曜日の晩になっちゃいました。
今日は朝から家の中じゅうの片づけ大会をブチかましてました。
中でも、VWビートルやバス、カルマンギアなどなどのミニカーを中心とした
コレクションは、玄関先にドカ~ン!と置いたコレクションキャビネットに
入れてあり、来ていただいたお客様に見ていただくようにしているんですが、
しばらくの間、そのキャビネットの中を掃除していなかったもんだから、
まあエライことになっていまして、中に入れてあるミニカーやオモチャの類を
全部取り出してから掃除をし、また再び綺麗に並べ直す...なんてことも
やっていたので大変でした。笑。
久しぶりに綺麗に並んだミニチュアのVWたち...せっかくだから写真を
撮ってみましたよ。↑改めて確認したら、ずいぶんと数が増えてました。笑。
P5310083.JPG
さて片づけが一段落したところで、間もなく鉄ホビ・ダイレクトで
販売開始をする「電動貨車デワ」のパーツをひとつ、ハンダ付けしてました。
キットの部材の一部が先行して出来上がり、その中に設計変更したパーツが
含まれていたので、ちゃんと出来上がっているかを確認していたのです。
具合はどうだったかって?! モチ、大丈夫でした。
この「電動貨車デワ」は只今鉄ホビ・ダイレクトで先行予約販売をしています。
おかげさまで多くの皆さんにご注文をいただき、本当に嬉しく思います。
月が変わり、半ば頃には本製品をお買い求めいただけることと思いますが、
数量限定ですので、お求めは(ご予約は)お早めにどうぞ。

投稿者 滝沢隆久 : 23:15 | コメント (1)

2010年5月27日

大仏さんを見に行くぞ!!

真っ青な空にモクモクと夏雲が沸き立ち、おおっ、もう夏になったんか?! と
思っていたら、昼頃には一天にわかに掻き曇り、バケツをひっくり返したかのような
豪雨に。しばらくしたら雨は嘘のように上がって青空が再び顔を出し、今は
何となく曇っている...今日の空模様。変な天気っ!!
さて本日の午前中、成田空港にスペインからイザベラ嬢が到着したという知らせ。
もう少しすると、アメリカからザック君が到着する予定。二人とも、来週早々に
来宅する手はずです。そして週末は、二人のリクエストで、鎌倉観光へ。笑。
E98E8CE58089E5A4A7E4BB8F3.jpg
こんなデカい仏像、日本人だってなかなか見る機会がありませんが、
外国の人の目には果たしてどんな感じに見えるのでしょうか。
ところで大仏は奈良の大仏が日本一有名ですが、鎌倉の大仏は露座。
要するに屋根無しの雨ざらしです。しかしながら大昔は、奈良の大仏のように
ちゃんとした大仏殿の中に安置されていたことを皆さんはご存知ですか?!
大きな台風だか何だかで大仏殿が崩壊し、以後ずぅ~っと露座のまま。
鋳造完成は1200年代ってんですから、とんでもなく古い。確か重量は
121トンと言われていたような記憶がありますが、んじゃあ、どうやって
重さを量ったんでしょうかね。へへ。

投稿者 滝沢隆久 : 16:05 | コメント (0)

2010年5月26日

雨の神宮外苑並木道...散歩するには絶好です。

CIMG0993.JPG
こんにちは。今日は昼過ぎから雨になりました。
もう、Rainy Season に入り始めたかのようです。
Rainy Dayは好きじゃない...という人は多いと思いますが、
どこかに外出する予定ではなければ、意外にも落ち着いた気持ちになるのが
雨の日だったりしますね。ただしこれからの時期は雨が降ると湿度が高まり、
ムシムシと不快な感じになるのがタマにキズ。高温多湿地域の特性でしょうけど、
雨降りの日は結構好きだったりします。笑。
さて昨日はちょいと用事があったりして休みにしていたんですが、午前中は
都心方向に出掛け、午後は版下を描く仕事などしてました。
上の画像は、新緑が鮮やかな神宮外苑の並木道。昨日の午前中の画像です。
この並木道も実は、雨の日がなかなか渋くてお勧めですよ。
昔、誰だったかは思い出せないんですが、雨の日だったかに、この並木道で
アーティストの撮影をした記憶があります。1970年代末に買った初めての
ビートルを駆って、毎週末の早朝にこの辺りまでドライヴした...なんてことも。
この辺りは青山の紀伊国屋の裏にあった(今もある?!)喫茶店「ドルフィン」などと
共にフェイバリットな場所でもあったりします。

...明日あたり、雨だったら神宮外苑を散歩してみてはいかがでしょうか?!

Rainy Seasonと言えば、古都鎌倉では紫陽花が咲き始めますね。
6月に入ってから、アメリカとスペインからのお客様を伴って、
そんな鎌倉に出掛ける予定でいます。時期が来たらネタにしますが、
久しぶりに、どデカい大仏様を見てこようかと。笑。
あ、銭洗弁天にも行って、僅かなお金を増やすお願いもしてきます。笑。

投稿者 滝沢隆久 : 17:59 | コメント (0)

2010年5月22日

ロシナンテ医院に赤カブを見舞う

CIMG0992.JPG
手前のリフトの下段には赤カブ、上段には青カブ、
隣のリフトの上段には銀ケロ...
ロシナンテ医院のリフトを、僕とビートル@あるじさんのクルマで
占領している状態です。笑。
ちょっと用事があったので先ほどロシナンテ医院に出掛けてました。
ビートル@あるじさんの銀ケロは、車検のために昨日入場です。
赤カブのエンジン・ブロックは、今日明日にも計測が終了とのことで、
再び使用可能だと思いますね、とドクターのありがたいお言葉。
引き続き、よろしくお願いしてロシナンテ医院を後にしました。

環七を大森方向に走っていたら、高円寺のあたりで「練5」の
シングルナンバーを掲げたカルマンギアに遭遇。エメラルドグリーン系の
美しい塗装(いい感じにヤレ感もあって)の個体でした。
毎度同じことを書いてますが、路上でいい感じの古いクルマを見掛けると
気持ちがホッと和みます。皆さんはどうでしょうか?!

明日の日曜日は雨の予報です。
出かける予定のある方には残念な天気のようですが、
落ち着いて休息を...なんていう方には、しっとり気分で良いかも。
僕は自宅で諸々の作業の予定なので雨もまた良し...です。

投稿者 滝沢隆久 : 13:09 | コメント (2)

2010年5月21日

一通の手紙から、平凡な日常に変化の兆し?!

今日は、スカッと爽やかな夏日。気分はもう夏、年がら年中夏夏夏!!
...ってな感じで365日過ごせたら最高なんですが、そんな昨日、
帰宅するんで乗った電車の中吊り広告に「!!」な絵柄を発見して、凹んだ気分が
一気に凸に。笑。で、たまたま本屋さんに立ち寄る用事があったので、
実に久しぶりに週刊漫画雑誌なんかを買ってしまいました。
↓買った本の表紙はコレ。何でこの本買っちゃったかは秘密です。笑。
cover.jpg

さて、帰宅したらドイツから航空便で封書がひとつ届いてました。
この時期のドイツはオンシーズンに入るので、またあちらの方で開催される
VWの大きなイベントの案内でも送られて来たんか?! と思って封を切ってみると、
北ドイツのHorstという町に住むAgnesさんという女性からでした。
まったく面識のない方です。
ドイツ語で書かれていたら???なんですが、文面は嬉しいことに英語でした。
で、手紙を読み進めてみると......ええ~っ?! うわあ!!! どうするどうする??

...と、読み手の皆さんは気になるところで続きはまた。笑。

投稿者 滝沢隆久 : 13:23 | コメント (0)

2010年5月20日

気になる自動車修理工場

昔は、町には必ず1軒くらい、自動車の修理工場がありました。
ディーラーに併設された修理工場ではなく、自動車なら
国産車も外国車も何でも修理しちゃうぞ! という感じの工場です。
今日はダットサンが入っていたと思ったら、明日は古いベンツが
入っていたり。そんな工場を毎日のように観察していると、
時にはアッと驚くようなクラシックカーや珍しい外国車なんかを
目にすることもあってワクワクしたものです。
まだ20代の頃、実家のそばにもかなりエンスー度の高いクルマが
次々に入庫する工場があって、毎週必ず見に出掛けていたものです。
そこの工場には戦前ダットサンや50~60年代の米国車、欧州車、
バーハンドルの三輪車などなど、変なクルマがよくもまあ...といった
感じで入出庫を繰り返してました。毎週毎週顔を出すもんだから、
親父さんに顔を覚えられてしまい、しまいには「あんた、これを
買わないか?!」と、BMWのイセッタを勧められてしまったことも
ありました(笑)。やはり、ヘンテコリンなクルマが欲しそうな
顔をしていたのかなあ?! 笑。

ふと気が付いてみると、そんな修理工場をあまり見かけなくなったような
気がしますが、その工場の前を通るのがとても楽しみにしている1軒が
東京の世田谷にはあります。
環七と駒沢通りとが立体交差する駒沢陸橋。その交差点から
駒沢通りを恵比寿方向にちょっと行った右側に、天龍自動車工業という
看板を掲げた工場があります。この工場には主に、ちょっと古い目の
外国車が必ず入庫していて、工場が面した駒沢通りからも良く見えるのです。
たまたま昨日と今日、工場の前を通ったので何が入庫してるかな~と
覗いてみましたら、赤いポルシェ356とジャガーEタイプが入ってました。
CIMG0990.JPG
僕はこの修理工場の回し者ではありませんが(笑)、常にエンスージァスティックな
クルマが入庫しているところを見ると、その手のクルマのオーナーさんからは
信頼の丸印をもらっている工場なのでしょう。
うちの赤カブが壊れてしまったことは既に拙ブログでお話してますが、
天龍自動車に入庫していた赤い356に赤カブをオーバーラップさせて
「うちのも早く直ってこないかな~」と思いました次第。

天龍自動車工業さんが気になる方は、★ここをクリック★

投稿者 滝沢隆久 : 14:53 | コメント (1)

2010年5月18日

16番・天賞堂製「東芝40t凸型電気機関車」なかなか良いです!!

皆さん、こんにちは。今日のこのブログは鉄道模型のお話です。

天賞堂の16番(1/80、16.5mm)製品と言えば、C62やEF58などといった
いわゆる本線級の機関車や客車が主流ですが、このほど新発売となった
「東芝製40t標準凸型電気機関車」は、同社としては珍しく、ローカル線や
私鉄専用線級の製品です。随分前から発売予告がされており、模型ショーの
会場などでも試作品が展示されていたので、ご存知の方も多いことと
思いますが、その「東芝製凸型電機」がいよいよ発売となりました。
実はこの電機、全国各地の私鉄や専用線などにバラ撒かれ、それぞれの
鉄道で活躍し続けてきたカマでもあるため、製品も実に多くのバリエーションを
伴います。
現在のところ、順次発売という状況で、名鉄デキ600形タイプ、国鉄の
ED29 11形(ED37形)は発売済み、そして今日、東武鉄道のED4010タイプが
入荷しました。この後の予定としては、京成電鉄デキ1タイプ、南海電鉄の
ED5151タイプ、そして未塗装バージョンが続く予定です。
↓こちらは名鉄デキ600形タイプ、新色バージョンです。矢作橋駅などで
目にすることが出来る現役機ですね。旧塗装バージョンもありますよ。
P5080023.jpg
↓こちらは国鉄ED29 11形(ED37形)です。最も標準的な形態であるため、
国鉄型のみならず架空の私鉄機などにも使用可能なバージョン。
どのバージョンも、ナンバープレートやユーザー取り付けの小パーツが
付属します。ヘッドライトは点灯式でオンオフスイッチ付。
ちなみに国鉄機は奥多摩電鉄から買収したカマが1形式1輌で、南武線の
西国立区に所属して青梅・南武の貨物列車牽引をしたという話です。
その後、国鉄の浜松工場に移動し、入換機として使用されました。
MIMT5060.jpg
実は昨日、入荷したばかりの国鉄仕様を1輌購入し、自宅で夜中にテストラン。
いゃあ、夜の夜中に何をしてるんだ...と思いつつも、良い雰囲気に大満足。笑。
東芝製の凸型電機と言えば、古くから16番を楽しんでおられる方には
中村精密製の真鍮製完成品やバラキットがお馴染みでしょう。うちにも
完成品を加工して伊豆箱根鉄道仕様に仕立て上げた1輌がありますが、
そんな面倒な加工をせずとも、お手軽に楽しむことが出来る天賞堂製品は、
実にありがたい存在。国鉄の旧型電機、私鉄の旧型電機などのファンには
文句なしでお勧め出来る製品です。
こういった、ちょっと渋い目の車輌模型もどんどん製品化して欲しいもの
ですね、天賞堂さんよろしく!!

★ 天賞堂製品の売り場へ直行します ★

昔むかし、まだ貨物輸送を頻繁に行なっていた遠州鉄道の某駅で、
同社が保有していた東芝製凸型電機の貨車入換作業を眺めていた記憶が
あります。同社の東芝製~は実は、西武鉄道の所沢工場によるコピー機で
電車用のDT10形台車を履いた機関車でしたが、タンク車や有蓋車などを
いともたやすく引き出して入換を行なう様子を堪能しました。
かつて、全国の私鉄には様々なカタチの電気機関車が居ましたが、
東芝製の凸型機はどこでも見られた割には塗色やディテールに差があって
1輌1輌が面白い機関車でした。皆さんもこの機関車模型をぜひ1輌お手元に。

投稿者 滝沢隆久 : 12:18 | コメント (2)

2010年5月17日

WAN-TANG麺作らせたら上手いよ♪

こんばんは。月曜日になり、また新たな週が始まりました。
そんな週の始まりではあるも、今日は色々と考えることもあって凹んでたりします。
ま、深く考えても仕方がない。話を変えます。

先日、たまごちゃんさん がビートルで届けてくださった横手のやきそばを、
昨日調理していただきました。で、麺もソースも本場のもの!! 自宅に居ながらにして
横手の味を楽しむことが出来ましたよ。早く食べたいとがっついていたので、
うっかり写真を撮り忘れました。笑。たまごちゃんさん、ありがとうございました!!
今度、横手やきそば暖簾会のホームページから、ソースを取り寄せようと
思っています。麺は茹で麺を使用する横手やきそば、生麺を茹でれば良いわけで
色々と研究する価値あり...と思うんですが。笑。

そう言えば来月に入ってから早々に、拙宅にはアメリカ人のお兄さんと
スペイン人のお姉さんがやって来る予定です。鎌倉の大仏が見たい...という
リクエストなので、1日くらいは鎌倉案内をしてくる予定ですが、
では何をご馳走してあげようかと...考えて、特製のワンタン麺を作ろうかと
思っていたりします。笑。自分で言うのは手前味噌すぎて何ですが、僕が
サササッと作る中華スープとワンタン、そして茹で具合が絶妙な麺との
コラボレーションたる「ワンタン麺」は、お金がいただける味です。
休みの日の昼ご飯は良く、このワンタン麺を作って食べてますが、
いゃあ、これを食ったらホッペタ落ちますよ。笑。

投稿者 滝沢隆久 : 19:53 | コメント (0)

2010年5月14日

♪ とっても嬉しいお届けもの ♪

先ほど携帯電話が♪リリリンと鳴りました。どこから電話だあ?! と出てみたら、
1962VWビートル乗りの「たまごちゃん」さんから。
「ちょっとお届けしたいものがあるので伺っていいですか?
バロン竹内さん(ガレージライフ編集部)もいらっしゃるかしら?」
はいはい、モチのロンで、バロン竹内君と一緒に待っていると、いつもながら
綺麗なアイボリービートルが弊社の脇の横丁に停まりました。
で、たまごちゃんさんは、食いしん坊のワーゲンバカ2人に、美味しいものを
わざわざ届けてくださったのです!! ううっ...感謝感激の嬉し涙であります。
↓何でもかんでもブログのネタにさせていただいちゃうのです。笑。
美味しいものを届けてくださった たまごちゃんさん と バロン竹内君。
CIMG0982.JPG
んじゃまた~♪ とアイボリービートルはパタパタと良いエンジン音を響かせて
帰って行きました。夕方の忙しい時間に、本当にすみません。
で、たまごちゃんさん は何を届けてくださったのかと言うと、実はこれ!!
横手のやきそば です!! 昨日のブログに書きましたが、昨日は静岡の富士宮で
富士宮やきそばをいただいてきたばかり。その翌日には たまごちゃんさん の
ご実家である岩手から、横手のやきそばが届くなんて幸せ至極な出来事です。
帰ってから早速調理しなきゃ!! 嬉しいぜベイベ~♪
CIMG0984.JPG
たまごちゃんさん、ありがとうございましたあ!!!!

明日土曜日は店番出勤です。いつもなら赤カブでバビュ~ンと
第三京浜を爆走して来るんですが赤カブは只今入院中。
ロシナンテ医院のドクターからは、ホンダのTODAYを代車で拝借してますので、
第三京浜の通行料金は赤カブよりも50円だけ安い!!
拙宅のスズキ・ラパンには先日、自動車税を払いなさい通知が届きましたが、
その金額は7200円。軽自動車は維持費が本当に安いなあ...を実感してます。

投稿者 滝沢隆久 : 18:03 | コメント (0)

模型、お姉ちゃん、電気機関車、やきそば♪

こんばんは。日付が変わっちゃいましたが、一つ前のブログに
書きましたように、静岡のツインメッセで開催される静岡ホビーショーの
プレスデイを覗いてきました(一般公開日は今度の土日です)。
このショーはプラホビーの聖地とも言うべき静岡で年に一度開かれる
模型の祭典です。プラモメーカー、ラジコンメーカー、鉄道模型メーカー、
あるいは素材や工具、塗料メーカーなどなどが一堂に会する新製品発表の場。
模型好きにはネコにマタタビ状態の催し物なんですが、色々見てきた中で
「おおっ、これは買わねば!!」と思ったいくつもの製品の中から一つだけ
ご覧に入れるとすると、コレです。トミーテックさんが間もなく発売する
1/80スケールのカーコレクション、西東京バス仕様のボンネットバス!!
田舎の駅前のバス停、あるいは駅前のバス車庫などにピッタリのモデル。
拙ブログにコメントを寄せてくださる外旭川自動車商会さんなどは
きっと目を輝かせてしまうモデルでしょう(笑)。どうですか?!
CIMG0956.JPG
で、鉄道模型各種の新製品などは追って他のブログなどでご紹介することと
思いますので、ここではお約束の"お姉ちゃん画像"をどど~ん!! と。笑。
京商さんのブースで撮影をばいたしましたよ。皆さんも会場にいらしたらぜひ!!
CIMG0954.JPG
さて、帰り道。真冬の頃なら真っ暗けになってしまっている時間ですが、
さすがにこれからの時期は遅くまで日が長くなっているので、東名高速を
富士で降りて岳南鉄道をチラリと覗いて帰ることに。今日は僕を含めて4人で
出掛けていたのですが、僕以外の3人は岳南鉄道を見たことがない由で、
ならば同鉄道の比奈駅に行けば電気機関車が見られるよと道案内。
で、居ましたよ。ED40 2号機が、本日の入換作業を終えて駅構内に
休んでいました。構内には青いワム380000形が留置されていて
電機と青ワム、そして7000形電車の列車を何本か見送って大満足。
ま、こうした機会にでもチラリと見ておかないと、ちゃんと出掛けるのは
なかなか難しいもの。岳南鉄道は今もなお貨物輸送を行なう数少ない私鉄。
ややトワイライトな雰囲気もそこかしこに漂う駅構内を堪能してきました。
CIMG0958.JPG
そして晩御飯。せっかく富士のあたりに居るのだから...と、名物の
富士宮やきそばを食すことに。ご当地B級グルメのひとつを僕は
初めていただきましたが、横手のやきそばとはまた違ったテイストで、
これはこれで癖になる味わい。いゃあ、麺は奥が深いですわ。
CIMG0979.JPG
...ということでまあ、明日は(もう今日ですが)週末金曜日。
皆さんは楽しい週末をお過ごしくださいまし。
横浜はこの時間、ポツポツと雨が落ちてきています。

投稿者 滝沢隆久 : 00:16 | コメント (1)

2010年5月13日

今日は静岡へ出張だあ♪

cabback.jpg
いゃあ、絵に描いたような良い天気です。
今日と明日は、静岡で開催される「静岡ホビーショー」のプレスデイ。
これからバビューンと出掛けてきます。果たして各模型メーカーさんの
ブースでは、どんな新製品が見られるでしようか。
写真撮ってきますので、追って速報ブログをアップしたいと思います。
お楽しみに。
あそれと、「鉄ホビ・ダイレクト」では只今、店舗改装セールを
やってます。今回のセールはかなりのお値引き特価品だらけですので、
かねてより欲しかった鉄道模型をご購入いただくチャンスです。
セール対象品は順次投入してもゆきますので、こちらもお楽しみに。
なお一点限りのものも少なくありませんので、お求めはお早めに。

投稿者 滝沢隆久 : 08:50 | コメント (1)

2010年5月12日

赤カブを見舞って今後のことを決めてきた

今日は朝一番で、ロシナンテ医院に入院中の赤カブを見舞うと共に、
イカレてしまったエンジンをどうするか...相談してきました。

かねてより不明であったエンジン排気量は1200ccであったこと、
Hと刻印されているエンジンケースは1200cc用のものであったこと
(ならばHの文字は何を意味するのか?? 次に乗るオーナーさんのキャラを
あらわしたのかも?! とドクターは笑ってました。何だそれ?! 笑)、
3番4番が燃焼していなくて2気筒になってしまっていたこと、
エンジンそのものはずっと前からOHが必要なくらいくたびれていたこと、
今回のトラブルでは焼きつき寸前でもあったことなどなどを
聞かせていただきました。
↓しかし改めて確認してみればかなり汚らしいエンジンだわ。
本当にウエットで汚いねえ(笑)...とはドクターの弁。
CIMG0926.JPG
↓割っていただいたケースの3、4番側。真ん中に見えるメタルなんかは
焼きつき寸前の兆候を示してます。いやあ、ヘンなところで焼きついて
止まってしまわなくて良かったですわ。
CIMG0927.JPG
↓エンジンを降ろしたついでにクラッチやプレッシャープレートなども
交換して一新の方向へ。エンジン裏側のフライホイールもギアがだいぶ
ナメてしまっていて磨耗大会のため、これも場合によっては交換へ。
CIMG0931.JPG
...で、結論としては、今回のトラブル~エンジンがパー...を良い機会として、
ツインキャブの1835ccユニットに乗せ換えだあ!!
... なんてことは全くなくて、長年頑張ってくれてきたこの1200ccユニットを
きっちりとOHし、VWの基本とも言うべきこの排気量ユニットの新品状態を
再び末永く味わおうということに落ち着きました。

まあ、生身の人間も長いこと生きていればあちこちボロくパーになる。
人間ドックに入って治療したりするのと同じで、付き合い14年が経った
ところで、その心臓部をきっちりと治してやることが大切だと思った次第。
これでまた、何年も乗れるようになれば御の字であります。
ドクター清水には再びお手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしく。

ここで業務連絡をひとつ。
ビートル@あるじさん、お誕生日おめでとうございます。
ここまで来れば、一つ二つの歳の差などごちゃごちゃだあね。笑。
あとちょっとでいわゆる"ちゃんちゃんこ"年齢ですが、
あんな破廉恥なものは間違っても着てはいけませんよ。
もしちゃんちゃんこが着たいなら、鬼太郎みたいなのにしましょう!! 笑。
子啼きジジイや砂掛けババアが必要なら、知り合い掻き集めれば
役者は揃いますし。笑。

投稿者 滝沢隆久 : 13:06 | コメント (2)

2010年5月10日

赤カブのエンジントラブルの原因判明!!

こんにちは。昨日、フラバグにお出掛けになっていた皆さんはお疲れさまでした。
いゃあ、久しぶりに良いお天気になったので、あちこちでピクニック気分の
仲間たちやBBQ大会の仲間たちが出現。そんな会場をふらふらと写真撮って
歩いていた僕は顔が真っ黒けになっちゃいました。笑。
さて、新潟のカルマンギア乗り、ミドリガメさんからコメントいただきました。

●>大丈夫ですかあ? って、大丈夫じゃないわい!!
今の心境、正におっしゃるとおりと察します(^k^爆 ...
で、フラバグ画像からは晴天盛会の様子が伝わり、数年前の参加を懐かしく
思い出しました。赤カルマンも知り合いの愛車のようでこれも懐かしく、
次のアップにも期待しちゃいますぅ(^k^;

そう、ひとつ前のブログにも書きましたが、昨日お会いした皆さんのどなたもが、
赤カブのエンジンがパーになったことを良くご存知で(笑)。ま、そりゃあそうです、
ブログのネタとしては最高だわとオーナー自身が思っていたわけですから。笑。
でね、たった今、入院先のロシナンテ医院のドクター清水から、
赤カブのエンジンを降ろしてケースを割ったという報告が画像と共に届き、
おおっ!! 汚いエンジンだな~と妙な感心をしながら見ていたところなんです。
皆さんにも早速ご覧いただいちゃいましょう。
↓降ろされたエンジン。補機類も外されて、何ともまあ、情けない姿。
しかもかなりきったない(笑)。
tk65cnv100501.JPG
↓ロシナンテ医院では只今、リフトの上下がカブリオレ状態。
上の青い個体は、ビートル@あるじさんが只今レストア中の1966年式。
下のはうちの赤カブです。
tk65cnv100502.JPG
実は赤カブのエンジン、ケースはH型なんです。しかし中身は恐らく1200cc用の
主要パーツが入っているようで、以前から正確な排気量は不明のまま。
今回のようにエンジンがパーになった時に割ってみないと正しい排気量は
判らない状態でした。でです!! ケースを割って中身を確認してくださった
ドクターから、排気量は1200ccだった旨、そしてエンジン本体は
1960年代初期の頃のもの...という連絡もいただきました。
さて、今回のトラブルの原因なんですが、以下ドクターからの
メール文面をそのまま引用いたしますと次の通りになります。

トラブルの原因は、No.3、4のバルブがガイドとスティック(焼きつき)を起こし、
2気筒が燃焼出来なくなっていたようです。恐らく経年磨耗でバルブガイドと
バルブステムのクリアランスが大きくなり、高回転が続いたため油膜切れが
起きたのではないでしょうか。他にも、クランクのロッドやメインジャーナルの
メタルにもかなりのガタが出ており、磨耗はかなり前に限界に達していた
ようです。

...ということでした。即ち、今回は新潟からの帰り道の関越道上でパーに
なったわけですが、早い話しがそれ以前の長距離高速走行でパーになっていた
かもしれんということです。まあ僕自身が14万kmも走ってしまっている
エンジンなのでここらがやはり、オーバーホールなり何やらの潮時では
あったと考えるのが妥当でしょう。
ドクターからはとりあえず、3つの方法があるよと選択肢を与えられましたので、
一晩じっくりと考えて返事をしようと思っているところです。

投稿者 滝沢隆久 : 15:03 | コメント (2)

フラバグ、楽しかったです♪

昨日中にアップしようと思ってましたが、くたびれてしまったんで笑。
大磯のプリンスホテル駐車場を会場とするフラバグの第26回大会が
好天のもと、どか~ん!! と開催されました。
ほんと、めちゃくちゃに良い天気だったので、参加した人たちみんな、
まったりした楽しい時間を過ごしていたようです。
↓一般駐車場の一部。VWが佃煮のように並んでいるです。
CIMG0810.JPG
↓はいはい、危ないですよ~バスが通りますよ~
CIMG0818.JPG
↓カーショーにエントリーしたビートルの横でまったり和むスタイル。
CIMG0791.JPG
↓カーショーにエントリーしたバスの横でHAPPYなスタイル。
ビートル乗りのアヤさんとバス乗りのみっくん。このお二人はいつも
最高の笑顔を返してくれます。VW乗りはみんなHAPPYですね。
CIMG0898.JPG
↓大磯は湘南のまっただ中。カーショーや駐車場に停まっていたVWには
サーフボードが積まれていたものも多く見られました。
CIMG0851.JPG
昨日は、多くの方々にお会いしましたが、殆どの方が
エンジン大丈夫ですか?! と心配してくださってました。感謝感謝。
大丈夫ですかあ? って、大丈夫じゃないわい!! 笑。
フラバグの写真はとんでもない枚数を撮りましたよ。
追って順次アップしますだ。

投稿者 滝沢隆久 : 07:11 | コメント (2)

2010年5月 8日

"みちのく"への憧れが育まれた番組のこと

こんにちは。五月晴れの土曜日、今日は店番出勤ですが、ほぼ一日中
今日からネットにて開始となるセールの準備をセッセとやっておりました。
さて...先日来ネタにしようと思っていたことがあります。
皆さんはNHKで放映していた『新日本紀行』という番組をご存知ですか?
この番組は、日本各地の土地や風物などを1回1テーマで紹介し続けた、
そのタイトル通りの紀行番組でした。何でも、18年以上も続いた長寿番組だそう。
毎回ほぼ必ず、人物を織り込み、その人を通して土地土地の生活や文化などを
紹介していたので、観ているだけでその土地に住んでいる、あるいは
旅しているかのような気分になったものです。
記憶では中学生から高校生の頃に毎週欠かさず観ていましたが、特に
昭和40年代に入ってからは、各地の国鉄線で消え行く運命にあった
蒸気機関車をテーマとした回が多くなったのが印象的でした。

改めて思い返すと、ここ十数年来、東北地方に良く足を運んでいる僕ですが、
そのキッカケというか擦り込みというかは、昔良く観ていたこの番組の
影響大であるような気がします。例えば、
「...この祭りが終わると、庄内平野は早くも秋を迎えるのです」
というナレーションが心に残り、庄内平野ってところにいつか行きたいと
思ったりもしていたのです。

昨今は便利な世の中になったもので、残念ながらもう放映されていない
『新日本紀行』のテーマ曲、そして各地の蒸気機関車を写した回の
ダイジェスト版が観られます。以下をクリックしてみてください。

★新日本紀行のテーマ曲はここから★

★蒸気機関車の活躍を紹介した回はここから★

投稿者 滝沢隆久 : 17:30 | コメント (1)

2010年5月 7日

美味しい牛スジうどんを食べました。

週末金曜日ですね。連休が終わったばかりなので、また休みかあ...
感覚がヘンになっちまうぞ...と感じる方が多いんじゃないでしょうか。笑。
僕は明日は出勤、明後日の日曜日は大磯のフラバグへ行きますよ。
さて今日は、朝から東京板橋にある鉄道模型の専門店「エコーモデル」に
出向いて阿部社長と打ち合わせをしてきました。打ち合わせとは言うものの、
同店は16番の鉄道模型専門店なので、ウインドーに並んでいる各種のキットや
完成品がイヤでも目に飛び込んできて、ついつい散財をしてしまいそうに。笑。
あ、散財ってのは財産を散らしてしまう...という意味。もともと財産が
スッカラカンな状態の僕のようなヒトは散財のしようがない。爆。
いやあ空しい...。
せめてもの救いは、打ち合わせが済んでから阿部社長のお勧めでいただいた
近所のお蕎麦屋さんのうどん!! 屋号は見てこなかったのですが、中仙道沿いの
小奇麗なお店ですのでエコーモデルさんちに買い物に出掛けた帰りには、
ぜひここで食べてみてください。中仙道沿いの石屋さんの対面にあります。
↓これが、牛スジうどん!! 関西風の味付けながらツユはちゃんと濃い味で、
しかも牛スジはなかなかの高級肉。いゃあ美味かったあ!!!
CIMG0759.JPG
↓で、その美味しさに完食でございました。こりゃクセになる味です。笑。
CIMG0760.JPG

夕方から雨になりました。♪傘がない~~

投稿者 滝沢隆久 : 19:32 | コメント (1)

2010年5月 6日

調子がイマイチのまま夕方になった(今日はそんな人が多いはず。笑)

みなさん、こんにちは。連休明けの木曜日...何だかなかなかエンジンが
調子良く回らないというかダル~な感じのまま夕方を迎えてしまいました。
休んでいても仕事をしていても、連休明けは仕方が無い...のかもしれません。
で、その連休ですが皆さんはそれぞれどんな過ごし方をされたのでしょうか。
僕は既にネタにしていますが、2日と3日とで新潟までVWで走って行き、
その帰り道の3日に高速道路上でエンジントラブルが発生し、翌4日未明まで
何だかんだとやっていてヘトヘトです。笑。
今度の日曜日には大磯でフラバグがあるのですが、赤カブで行くことは叶わず、
まあエントリーもしていなかったことを良いことにフツーのクルマで行く予定です。
CIMG0551.JPG
長野県・白馬村で撮影した赤カブです。この時期はまだ山々は残雪に彩られ、
それはそれは綺麗な眺めを堪能することが出来ます。
この撮影をした時はまだ、元気なVWでした。笑。
下の画像は、写真を撮った横にあるレストハウスでいただきました、なめこそば。
信州と言えばやはり蕎麦でしょう...というわけで、これを食べてみたのですが、
簡易な立ち食い蕎麦的なものではあったものの、なかなかの美味。
ただし蕎麦は美味しいんですが、腹持ちがあまり良くないのが難点ですね。
CIMG0555.JPG
さてここで、1962たまごちゃんさんに業務連絡。
先ほどはお電話にて失礼いたしました。
1962VWとオーナーさんが早く回復することを願っています。
往復のアシはどうであれ、日曜日に大磯でお会い出来れば最高です♪

ひとつ前のブログにアップした、横手のやきそば の画像。
コンビニで買ってきた極くフツーのソースやきそばな感じでしたが、
実際に食べてみたら、これが何と本場の味。驚きました。
ただし、実際に横手の町のやきそば屋さんで食べたほうがナンボか美味い。
ま、東京のコンビニでも本場の味が食えるよ、ってところがミソでしょう。

投稿者 滝沢隆久 : 17:51 | コメント (2)

2010年5月 5日

ご心配をいただき恐縮です♪

5月5日の子供の日、端午の節句です。
今日も引き続きよいお天気です。連休の最終日ということで、
各地の高速道路は上り線の渋滞が早くも始まっているみたいですね。
へっへ~、僕は今日、店番出勤なので渋滞は無関係だあ。
...さて、2日3日で出掛けていた新潟の糸魚川。3日の帰路に関越道を走行中に
VW赤カブのエンジンがパーになり、結果、積載車にて新潟の湯沢から帰京し
そのままロシナンテ医院に未明の緊急入院と相成ってしまいました。
高速道路を走行中にエンジン系のトラブルが発生して万事休すとなったのは
今回が3回目。一度目は1964式ででしたが、赤カブは何と2度目。しかも
その2度共にカミさん連れですので、気まずいことおびただしい。笑。
問題点は以下2点です。
①最寄のインターまでの積載車はJAFのお世話になったので無料ですが、
湯沢インターから埼玉の川口までの積載車料金は??
ヤナセのメンバーズカード会員は、最初の50kmまでの距離をヤナセが負担して
くれるので幾分かは助かりますが、そこから先は割引ながら自己負担。う~む...
恐らくは7、8万円の請求書が追って送られてくるはずです...
②ロシナンテ医院の入院費用。これからエンジンを降ろして診察が開始され、
その結果いかんによっては、またまたお金が掛かります。んが、ええ~いっ、
この際だから、いっそ1600ccのロングブロックにしちゃおうかとも。笑。
 
おかげさまで1965赤カブは維持費が驚くほど掛からない優良旧車ではあります。
まあいずれにしても、壊れてしまったのは仕方が無い。このまま治さずに
放置するわけにもゆきませんから、所有14年目にしてエンジンのOHが必要に
なったと思えば、これも良いタイミングであったのかもしれません。
高速走行中にエンジンの音が異常なものになり、振動が出てスピードが
落ち始めた...その瞬間、イヤ~な予感がバキバキしてきます。笑。
これはもしかすると帰れないトラブルだな...と思うのは当然ですが、
その一方で頭の片隅では、「面白いブログのネタにはなるかも」などと
今回も正直なところ思いましたです。オバカなに証拠ですね、笑。
で、そんなトラブルをネタにした前のブログには、大勢の皆さんから
お見舞いコメントをいただきました。ご心配を沢山いただき恐縮です。
今回も多数、長文ですのでご紹介は省略をさせていただきますが、
dododoさん、てつやさん、ビートル@あるじさん、やなぎださん、
JZX100さん、外商@企画室ヌコさん、うろつてしさ さん、ZEISSさん...
ありがとうございました。

ということで、次の日曜日9日に大磯で開催されるフラバグには赤カブでは
行くことが出来ず、んじゃあブリティッシュグリーンの和製ミニで
ひっそりと出掛けることと相成ります(和製ミニはスズキのラパン。笑)。

あ、ここで、1962ビートル、たまごちゃんに業務連絡です。
お試しトラブルが発生してしまったとのこと。大丈夫ですか?
しかもオーナーさんご自身も風邪を引いてしまって不測の事態。
まあ何はともあれ、お体を大切に。フラバグに間に合うと良いんですが。

閑話休題。今朝出勤の途中で寄ったセブンイレブンで、横手のやきそば を
見つけて迷わず購入。これが普通のソースやきそばだったら怒るよ。
これから食べてみて、インプレッションは後ほど笑。
CIMG0758.JPG

投稿者 滝沢隆久 : 12:33 | コメント (1)

2010年5月 4日

糸魚川のミーティングは大盛会。帰路で大事件!!

CIMG0596.JPG
日本海に面した新潟県、その上越地方の西端に位置する糸魚川。
はっきり言って、美味い魚と酒の肴、美味い酒に美味い米に恵まれた
食いしん坊にはたまらないところです。
糸魚川駅前のヒスイ王国会館内にある居酒屋"多喜"さんで美味しい
お酒と肴をいただきながら、旧車イベント前夜のワクワク感に
酔い痴れるようになってから、もう何年も経ちます。
CIMG0605.JPG
で先日の2日の晩も、その多喜さんちで小宴会!! お刺身が特に美味かったあ。
久しぶりにお会いする糸魚川旧車クラブの皆さんや関係者の皆さん。
最初の1軒目でかなり出来上がってしまっています。笑。
CIMG0610.JPG
さあ、次いってみよう!! って、いつもの定番コースは、やはり駅前の
寿司屋"志乃"さんち。前にも書きましたが、ここんちの寿司は絶品。
ついつい、そんなにがっついてどうすんの?! 状態でいただいてしまいます。
CIMG0695.JPG
さてさて、開けて翌日(昨日3日)は朝から超晴天になりまして、
糸魚川市民縁日の一環として行なわれるようになってから今年で
第六回目を数えるクラシックカーミーティングが、まったりしたムードで
開催されました。ただクルマを持ち寄って一日の~んびりする...という、
何もないミーティングです。
CIMG0688.JPG
1965赤カブも幌を畳んで、ポルシェやVWの仲間と共に多くの
ギャラリーの皆さんに見ていただきました。こんなに天気が良いと
虫干しを通り越して干物づくりか何かのようでもありますね。笑。
CIMG0666.JPG
このミーティングは糸魚川市民縁日という年間行事の一環です。
会場となるフォッサマグナミュージアムには多くのフリマ出店や
ケータリングのお店が出ます。で、昨日のお昼は、糸魚川駅近くに
お店を構える"月徳飯店"の月岡社長自らが腕をふるう
ラーメンとチャーシュー麺が大人気。エビでダシをとった特製スープを
ベースにした醤油ラーメンで、これがウソ偽りもなく極上の美味。
イベント会場でいただけるラーメンの味を超越してゲキウマでした。
CIMG0667.JPG
はい、これがそのラーメン。ブログなんかのこんな画像じゃ、皆さんに
味わっていただけないので大変残念ですが、これまでに記憶に残る
美味しい醤油系ラーメンの中では3本指に入ることは間違いありません。
CIMG0730.JPG
...ということで、ミーティングは午後3時前にはお開きになり、
VW&ポルシェ系のエントラントみんなで記念撮影をば。
帰りの高速道路の渋滞のことを思うとちょっとメゲますが、
まあ何とか渋滞を回避するコースで帰ろうか...とか何とか話を
しながら帰路につくことにしました。地元組の方々はアッと言う間に
ご自宅でしょう。笑。
CIMG0737.JPG
僕はとりあえず、上越から北陸道に乗り、長岡経由で関越へ。
もし関越が大渋滞していたら圏央道に逃げて八王子方面へ...というコースに
決めて、まずは国道8号線を海沿いに上越まで。いゃあ良い天気だし
赤カブは快調だし......(少なくともこの時点では、この先に巻き起こる
大事件を知る由もありません)。
上越から乗った北陸道は順調で、長岡ジャンクションから入った関越も
そのあたりでは渋滞のジュの字もありません。で、約70~80km/hくらいで
タラ~っと走り続け、あと少しすると塩沢石内のSAという表示が
見えた頃、リアでバタバタと回っていたエンジン音がバラララッというものに
なり、スピードが落ちました。あれっと思ってギアを1段落としてアクセルを
煽り、再び加速を試みようとするも加速しません。それどころか変な音は
ちょっと大きくなり、エンジンは4気筒のうち1気筒が死んだ時のような振動と
いうか異常な回り方をするのです。こんなときって、イヤ~な気分ですね。
リアの安全を確認してウインカーをつけ、とりあえずは3速で路肩をゆっくりと
走りながら様子を見てみましたが、やはり変。エンジンが明らかに
イカレてしまったことは感覚として判ります。まだ東京まで200km以上も
あるこんなところでトラブルとは...
CIMG0738.JPG
塩沢石内SA目前だったのは幸いでした。とりあえずはエンジンルームを
確認し、この現場ではプラグ、点火コイル、そしてプラグコードを、
スベアとして携行している新品に変えて様子を見るも、状況は全く変わりません。
一旦エンジンを止めての再始動は大丈夫なんですが、アイドリングが出ないうえ
フカしてみればバラバラバラッと振動を伴った変な回り方をして、とても
再び走れる感じではないことが判りました。いゃあ、万事休すです。
時間は午後9時くらいでしたか。とりあえずは携帯で連絡のとれるところに
連絡をし、最悪の場合はJAFに救援を要請して...ということなどを
色々とやっていたら、ま、まずい、携帯の電源がかなり少なくなっている。笑。
CIMG0750.JPG
結局は、JAFに救援の要請をし、塩沢石内のSAからもっとも近いインターまで
積載で移動してもらうことに。本当ならばこの場所から自宅なり修理工場なりに
運んでもらえるのが一番なんでしょうが、JAFの場合はそういったロードサービスは
していないので、一旦最寄りのインターまで運んで高速から降り、その時点で
必要ならば業者さんを紹介してくれるという決まりのようです。
で、湯沢インターの料金所に隣接する駐車場まで運んでもらい、そこから先は
ヤナセのメンバーズサービスに積載をお願いして、主治医であるロシナンテ医院まで
運んでもらうこととしました。このサービスはもちろん有料ですが、最初の50km
までは無料としてもらえるうえ、そこから先の料金も一般の積載料金よりは
割引になるもの。ありがたいサービスで助かります。
湯沢で待つこと約1時間到着、埼玉川口まで赤カブを運んでくれる積載車が到着。
この時点で、恐らく真夜中になりますが...と清水ドクターに緊急入庫のお願いを
したところ、そんな面倒なお願いを快く承知してくださったのには
感謝感激です。ありがとうございます。
CIMG0756.JPG
真夜中の午前3時過ぎ...ロシナンテ医院に到着しました。
しばらくここに入院です。帰宅の足はドクターが代車を用意してくださり、
その代車で帰宅出来たのは夜が白々と明け始めた午前5時前のことでした。
...糸魚川を夕方の4時頃に出発し、帰宅したのは明け方の5時前。
ほぼ12時間を費やした、とんでもないトラブル大事件はこうして幕と
なりました。

積載車から下ろした赤カブを工場に運び込むためドクターが
エンジンをかけて走ってみてくれました。
「こりゃあ、エンジン内部のトラブルに間違いないね。いずれにしても
下ろして開けてみないと。笑」
入手以来10数年近く。走り回る距離も半端ではないので、そろそろ
エンジンのオーバーホールを考えた方が良いかなあ...と思っていたところ。
予定外のオーバーホール?! になるかもしれませんが、不調を訴えたのが
関越道の塩沢石内SAの手前で良かったです。万一もう少し先の
関越トンネルの中でトラブルが発生していたら...なんて考えると背筋が
ヒヤッとしたなんていう話じゃ済まなくなりますから。
今回は出発前にブレーキが張り付くというアクシデントがありましたが、
それが何かの予兆ではなかったのか?! と仲間もドクターも言ってます。

投稿者 滝沢隆久 : 12:07 | コメント (10)

大事件発生!!

糸魚川のミーティング会場を出てから何と12時間...
いましがた帰宅しました。
こんなに遅くにきたくしたのにはワケがあり、
大事件が起こったからです。
詳しくは後ほど...で、まずは休みます。

投稿者 滝沢隆久 : 04:58 | コメント (0)

2010年5月 2日

今、糸魚川駅の様子を見てきました。

せっかく来ているのだからと、糸魚川の駅に行ってみました。
大糸線のキハ52形や駅構内のレンガ機関庫など
鉄道シーンにさまざまな話題をふりまいている糸魚川駅ですから、
やはり今どうなっているのかが気になります。
で、駅に行ってみると、ちょうど大糸線の平岩駅行きの列車が発車寸前でした。
気動車の2両編成です。キハ120形と標記されていたような...
個人的にはやはりキハ52形の方が雰囲気なんですが、今どきは
こんなのが走っているのですね。素人みたいな感想ですんません。笑。
CIMG0566.JPG
入場券を買い求めて大糸線のホームまで行き、そこからレンガ機関庫を
観察してみました。すでに構内のレールはすべて撤去されており、建物にも
足場が組まれていて、取り壊しの準備万端といった感じです。
富山方にあったはずのターンテーブルもありませんでした。
今夏の9月に再びここにくる予定ですが、残念ながらそのときには
建物はなくなって更地になってしまっているのでしょう。残念ですね。
CIMG0578.JPG
アナウンスがあって富山行きの普通列車が到着しました。
何がくるのかと思っていたら、寝台電車改造の食バン電車の3連でした。
改造車なのでスタイルが異様。それがまたこの電車の魅力にもつながってます。
本線のジャンクション駅として機能してきた糸魚川ですが、貨物ヤードや
引込み線もすでに無くなり、ちょっとさびしい感じの駅になってしまっています。
CIMG0582.JPG

投稿者 滝沢隆久 : 17:53 | コメント (1)

早起きは三文の得♪ ...三文って一体幾ら?? 笑

全国的に良い天気となった2日、赤カブは一路日本海側の町。糸魚川を目指して
走り始めました。大渋滞必至ということでしたので、朝の4時過ぎに自宅を出て、
中央高速と長野道を経て信州松本へ。早朝出発は結果的に大正解で、八王子の
料金所のあたりでちょびっと渋滞があった程度であとはスイスイのスイ♪
要するに本格的な渋滞が始まる前に、渋滞必至の場所を通り過ぎたというわけ。
なので予定していたコースを快調に走り、景色も堪能してきました。
早起きは三文の得を実践した感じで、今少し前に糸魚川駅前のホテルに
チェックインしましたです。
↓長野県は白馬のあたりで。後ろの山々はまだ残雪だらけ。
とてもきれいな眺めでございました。
CIMG0553.JPG
↓糸魚川駅前の ゑびやホテル の玄関先ではい、到着記念です。笑。
CIMG0562.JPG
明日3日は、糸魚川市のフォッサマグナミュージアムにて
旧車ミーティングが開催されます。本大会は毎年9月ですが、
5月にもプレミーティングが開催されるようになって早くも5年目。
明日は良いお天気のようですので、お近くの方はぜひお越しください。

実は昨晩、赤カブにはちょっとした事件が発生。
拙宅ガレージから出られなくなるという珍事件でしたが、
ロシナンテ医院のドクターやビートル@あるじさんのお力を借りて、
何があったん?? な感じでアッと言う間に一件落着でした。
いゃあ、自分的には初めての経験。助かりましたです。Thanks!!

投稿者 滝沢隆久 : 16:08 | コメント (1)

2010年5月 1日

連休の昼食は、つけ麺で幕開け♪

こんにちは。@会社です。
5月になりました。5連休の最初の日は、まさに絵に描いたような五月晴れ。
今日は朝から、日本橋方面に打ち合わせに出掛けていたのですが、
連休とあって電車は空いていてバッチリ座れるし、陽気に誘われて
心地良い睡魔も襲ってくるし...で、電車でプチ旅行的な雰囲気を少しだけ
楽しんでもきました。ま、仕事での出掛けとはいえ、ふとした瞬間を
楽しい時間に変えてしまうような気持たの持ち方をすると退屈はしませんね。
で、打ち合わせからの帰り道、お昼ご飯は「大盛りのつけ麺」を。笑。
連休は麺で幕開け...っていうところです。
↓このつけ麺は、目黒のゴンノスケ坂の途中にある「源屋」というお店の
つけ麺です。680円で麺の大盛りサービス。中太の縮れ麺をカツオだし系の
めんつゆでいただきます。さっぱり系ながら、ちょっと癖になる味。笑。
CIMG0531.JPG
高速道路はどこもかしこも大渋滞の様子ですが、明日から明後日まで、
赤カブで新潟県の糸魚川まで旧車ミーティングに出掛けてきます。
毎回、中央高速と長野高速を乗り継いで信州の松本まで行き、そこから
国道147、148号線を北上して...という気持ちの良いコースで行くのですが、
昨年は調布インターから乗った中央高速が既に劇的な混み方で閉口し、
圏央道と関越高速、上信越道に迂回するというコースに緊急変更。
おかげで横川では名物の釜めしが食べられましたけれど、予定していた
コースでは行けなかったので何となく不満。笑。
僕も出掛けるのでヒトのことは言えたもんじゃありませんが、高速道路の
渋滞ほどイヤなものはなく、1000円料金が最後?! かもしれないと
みんなが一斉に高速に駆け上がるのはいかがなものかあぁぁぁ?!
いくら料金が1000円だからと言っても、渋滞で無用にガソリンを
消費してりゃ、プラマイゼロどころか足が出るオバカな状況かも。
ガソリンと言えば、誰も文句を言わなくなっちゃいましたが
ここんところジワジワと価格が上昇してるんですね。どうなってるの?!

糸魚川では駅に行き、あのレンガ機関庫とキハ52の様子も見てきたいと
思っています。拙ブログにアップ出来たらしてみますので、チェックを
してみてください。
皆さんは、それぞれに楽しい連休をお過ごしください。
あ、お仕事の方はグレずに頑張りましょう。笑。

投稿者 滝沢隆久 : 15:52 | コメント (1)

« 2010年4月 | トップ | 2010年6月 »