趣味の総合サイト ホビダス
 

« いろいろな出来事 | トップ | 血を抜かれちまったので鰻を食って精をつける♪ »

2010年6月24日

痛い話♪

「ひと晩様子を見て、また明日の午前中に検査をしましょう」
...ということで、今朝再び、近所のデカい大学病院に出向いて診察を受けてきました。
今しばらく前に戻ってきたので、ほぼ一日仕事になってしまいました。
デカい病院は、とにかく何をするにも検査検査なので時間が掛かります。
痛いことされるわ、くたびれるわで、へとへとです。笑。
採血、採尿を再び行ない、その結果をもとに先生の診断を仰ぐと...
右わき腹の痛みの原因は、この時点ではまだ良く判らない。
で、腹部CTスキャンもやりましょうということに。ええ~いっ、CTだろうが
MRIだろうが何でもやるぞ!! ちょっと前には頭のMRIも受けたことだし。
CTの順番待ちの間に、部屋の扉を撮影してみました。
CIMG1225.JPG
CTスキャンは腹部だけなので比較的楽ちんでしたが、造影剤の注射をしなくては
ならず、それは本来ならば腕の、ヒジの内側(一般に採血を行なう部位)に針を挿す
わけなんですが、僕の場合は体質的に血管が浮き出にくく、採血の場合と同様に
手の甲の一番目立つ血管に針を挿して行ないましたです。造影剤投与の注射は
針が太く、痛さも格別です。
「ちくしょ~、痛えなあ」と思いつつ、せっかくだから針と管が刺さったままの
右手の甲を撮影しました。こんなやつはそうそう居ないでしょう、笑。
CIMG1227.JPG
造影剤が体の中に入ってゆくのは、得体の知れぬものが入ってゆくカッとした
熱さを伴って実感出来ます。吐き気も伴なって気持ちが悪く、死にそうな気持に
なりますが、検査なので仕方がない。

さてさて、CTスキャンの結果をもとに、再び先生の診断を仰いでみると
大腸の一部に炎症が起きている「大腸憩室(けいしつ)炎」の疑いが濃厚とのこと。
今まで聞いたことのない病名です。血液中の白血球は昨日よりも少なくなって
きているので、炎症は軽度、次第に回復に向かうということで、いまだ腹痛は
伴うものの、発熱やひどい痛みには発展せず、もちろん入院も手術も免れました。
いゃあしかし、ヘンテコな病気に罹ってしまったものです。
ま、明日は仕事に出られそうですが、歩くと腹にビンビン響いて痛いです。

投稿者 滝沢隆久 : 2010年6月24日 14:34

コメント

ひゃあ~~!!
大丈夫ですか???
早くよくなりますように!
あるじさん直伝の4祈祷いたします。
我が家のチビも、、今熱を出して寝ております。
体調を崩しやすい時期なのでしょうか。
赤カブさん退院前に、なおしてくださいね!!

投稿者 たまごちゃん : 2010年6月24日 21:50

コメントする

« いろいろな出来事 | トップ | 血を抜かれちまったので鰻を食って精をつける♪ »