アメリカからヴィンテージパーツを輸入してみた

1億点の出品点数を誇る、世界最大のオークションサイト、
「eBay」。その公式日本語サイトが「セカイモン」だ。
今回編集部では、この「セカイモン」で、
実際にヴィンテージ自転車やパーツを輸入してみた。

 PEDAL SPEED誌で取材させていただいている、海外の町並みで見かける古い自転車たち。使い込まれた古いフレームやパーツがどうにもカッコヨク見えてしまうことはないだろうか?

今回、編集部では、そんなパーツを見つけるべく「セカイモン」のサイトをチェック実際に購入してみることに。

 このサイトは、世界最大級のオークションサイト「eBay」の公式日本語オークションサイトで、ここを利用すれば「eBay」に出品されている常時、約1億商品の中から欲しいアイテムを簡単に購入することが可能。もちろん、自転車関係の商品も無数にアップされていて、編集部で眺めていると、仕事をするのを忘れてしまうほど……。

 ということで、実際に自転車本体やフレーム、小物をクリックして購入してみることに。

セカイモンでは、商品の確認、梱包、輸出手続きを代行してくれるほか、万が一届かなかったときや破損していた際の保証もつけてくれるので、安心して買い物ができる。手数料は落札金額の15%で、落札金額のほかに国際送料などがかかるが、円高の昨今、欲しかったヴィンテージの逸品を超お買い得に購入することが可能。

 さてさて、編集部についたダンボール、どれから開けてみるかな?


編集部でもお買いモン ポチッとしちゃったアイテムは!?

編集部到着後、目黒の「POINT NO.39」でタイヤ、ブレーキワイヤーの交換、各部調整、磨きをしたあとの写真がこちら。安心して乗るなら、輸入後に専門店で調整を! ウチの奥さん用に購入したヴィンテージシュイン。商品画像よりもビカビカでこの値段は、送料いれても安い! でも奥さんにはちょっと大きめ。サイズはキチンと確認して購入しよう。

なんと、スイス軍の自転車部隊が弾薬入れとして使用していたというパニアケースのデッドストック。商品画像も雰囲気があって、モノもさすがにミルスペックの作り!

GTの古いマウンテンバイクフレーム。商品価格自体は5千円でも、やはりフレームともなると送料がかかって3万円弱。でもこの色とカタチで買ってよかった!

カーボンフレームのLOOK。しかもLOOKのカーボンシートポストにクリスキングまでついてこの値段は安い!円高おそるべし。

ヴィンテージのコッタードチェーンリングを探していて発見。いずれ、こんなのが似合う大人な自転車に乗ってみたい!

ヴィンテージという名前と花柄と安さで購入したものの、新品でシュインのスティングレー用ということで…とりあえず、ディスプレイ用になりました。

セカイモンってナニ?

ここを利用すれば「eBay」に出品されている商品を日本語で簡単に購入することができる。他に、商品の確認、梱包、輸出手続きを代行してくれるほか、トラブル時にも全面的にサポートしてくれる。

万が一届かなかった場合には「セカイモン」が返金。手数料は落札金額の15%。ただし、当然国際送料が発生するので、事前に送料をチェックするのを忘れずに。

【セカイモン】 www.sekaimon.com

セカイモン

バックナンバー